プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

カマイタチ作り方解説

LaQ殿堂作品から、
『日本の幻獣 其の壱 カマイタチ』の作り方リクエストいただきました。
というわけで作り方解説。

なんですが、まさかお声がかかるとは思ってなくてw
今回は再現モデルなので、
もしかしたら細かい箇所はちょっと違っているかもしれません。
(特にお腹のあたり。。。)

Kamaitachi.jpg

■しっぽ
今回は珍しく、しっぽからご紹介
kamaitachi01.jpg
No.4パーツが何個か混ざっているので注意してください。

■頭部
kamaitachi02.jpg
kamaitachi03.jpg
kamaitachi04.jpg
kamaitachi05.jpg
kamaitachi06.jpg
kamaitachi07.jpg

■脚部
kamaitachi08.jpg
▲上の写真だと向きがちょっと分かりづらいですが、
▼こんな感じに組みます。
kamaitachi10.jpg
▼左右対称に一対
kamaitachi09.jpg

■腕部(鎌)
kamaitachi11.jpg
鎌は水色で作っていますが、
LaQ芸術祭でシルバーパーツをお持ちの方は、
ギラッギラのシルバーパーツで作れば凶暴さが増しますw

■胴体
kamaitachi12.jpg
kamaitachi13.jpg
kamaitachi14.jpg
kamaitachi15.jpg
No.5、No.6、No.7の位置に注意。
おなかの下部は背側と接続していません。

▼首の接続
kamaitachi16.jpg

▼腕を取り付ける
kamaitachi17.jpg

▼脚の取り付け
kamaitachi18.jpg
kamaitachi19.jpg
kamaitachi21.jpg

▼しっぽの取り付け
kamaitachi20.jpg

■完成!!
Kamaitachi.jpg

全く勝てる気がしない。。。

7月も終わり、今年も名人戦のエントリー作品が出揃いましたが、、、
2017zenki_meijinsen_ent.jpg
なんていうか、この滑り込みトリオの作品がどれも凄すぎる。。。
そしてどれもデカイ!!
もうパーツの形とか分かんないくらいデカイじゃんww

毎回何気に「いけるんじゃないか?」って思ってノミネートするんですが、
いやぁ、全く勝てる気がしませんねwww

ただ大きさが作品のクオリティに比例するわけではないからな。。。

とはいえ、ウチのヒッピーちゃんでは荷が重すぎたか…

YASUさんもノミネート作品変えてきましたね。
2017zenki_meijinsen_ent02.jpg
確かにどちらも甲乙つけがたい。
最終的な選考ポイントが読みづらいので悩みどころですね。

やっぱり厳しいなぁ、名人タイトルへの道。
全く勝てる気がしないorz

ビーリ・ザ・モンド

早いものでビルドアップ・ロボの発売からもうすぐ2年になりますが、
そろそろここらへんで、
そういえばこれまであまり紹介してこなかった第4のキャラ「モンド」に焦点を当ててみましょう。
Mond_01.jpg
「モンド」はビルドアップ・ロボのキャラの一人ですが、
これまでに商品化の話は一度もありません(´∀`)ゞタハ★

▼オフィシャルでは唯一、こちらの書籍に登場しています。
LaQ5H1-4pre3.jpg

▼ただし、紹介されてるのもほんのちょっとw
 Mond_up030.jpg

ナント!学校の先生設定なんですね!!
ラピスたちが通う学校の先生で3人のトレーナー役です。
まだ半人前のラピスたちに比べてモンドは大人設定なので、
3人よりも一回り大きく作られています。

ちなみに、設定ではシゴキの鬼教官的なキャラで
タイトルの通り、名前が「ビリー・ザ・モンド」です。
(昨日自作の設定資料見返したら書いてありましたww)

それでは、やや駆け足ですが、
モンドの作り方を解説しておきます。

■脚部
Mond_up000.jpg
Mond_up001.jpg
Mond_up002.jpg
Mond_up003.jpg
▲他のビルドアップ・ロボに比べて脛が1ブロック分長いです。

■腰部 ここからの組み方がややトリッキー
Mond_up004.jpg
Mond_up005.jpg
Mond_up006.jpg
Mond_up007.jpg
Mond_up008.jpg

▼尾てい骨あたりのパーツがNo.5なのに注意!
Mond_up009.jpg
Mond_up010.jpg

▼シャフト後ろのNo.7は両側から挟み込まれていますが、どちらにも接続しません!
Mond_up011.jpg

▼腰の上にワッシャーのような円盤を取り付ける
Mond_up012.jpg
Mond_up013.jpg

▼さらに小判型の板を重ねて
Mond_up014.jpg
Mond_up015.jpg

■胸部
Mond_up016.jpg
Mond_up017.jpg
Mond_up018.jpg
やはりシャフトを挟み込むようにして隙間に入れて両側から接続

▼背中のパーツで上下を固定
Mond_up019.jpg

▼正面から見たところ(胸部全面は上下が留まっていない)
Mond_up020.jpg

■腕部(左右対称に一組)
Mond_up021.jpg

▼両肩で胸部の上下を固定
Mond_up022.jpg
Mond_up023.jpg
▲ごらんの通り、モンドの胸部は左右に動くのが特徴

■頭部
Mond_up024.jpg
この色数だけで見るとなんか違うキャラにみえますねw

▼マスク
Mond_up025.jpg
Mond_up026.jpg

▼頭部の接続
Mond_up027.jpg

▼頸のパーツはコの字型パーツを頸部に置くだけです。
Mond_up028.jpg

▼それを裏からフタして、、
Mond_up029.jpg
完成!!

【 オ ・ マ ・ ケ 】

モンドカラーバリエ

▼迷彩パンツスタイル
BR_IMG_9921.jpg

▼アメイジングカラー(アフoームド Ver.)
Mond_03.jpg

書籍掲載モデルは黄色ですが、本来はゴールドカラーイメージ。

なので、ここからは秘蔵のゴールドカラー版

▼モンドGold Ver. with メタリックラピス&アレックス
Ken01-1st-prize.jpg
こちらは2015年に行われたビルドアップ・ロボコンテストのKen01賞の副賞として作成。

▼モンドGold Ver. 三人衆
Mond-03.jpg
ビルドアップ・ロボコンテストのKen01賞に加えて、
特別賞二名様にもモンドのGold Ver.を副賞として贈呈。
ということで、全部で世の中に3体存在します。

▼金・銀・黄トリオ
Mond_up033.jpg
シルバーに映える金がなかなか良いですねww

天狗のテンちゃん - 頭部詳細 -

テンちゃんの頭部詳細追加です。

Ten-chan004.jpg

前回の作り方解説で
頭部の作り方は「Q太郎参考にしてください」としていましたが、
詳細画像をここで追加します。

▼目の部分(左右対称に一組作ります)
Ten-chan101.jpg

▼スリットに差し込んで
Ten-chan102.jpg

▼頭部に組み込みます。
Ten-chan103.jpg
Ten-chan104.jpg
Ten-chan105.jpg

▼頭部接続を基部のみで解説
Ten-chan106.jpg
Ten-chan107.jpg
Ten-chan108.jpg

▼接続状態を前から見たところ
Ten-chan109.jpg
(口部分を取り外してあります)

いかがかな??

BlockBuiders-Network

5・4・3・2・1・0
BlockBuiders-Networkを知ってるか?
ブロック玩具総合SNSを知ってるか?

ちょっと紹介遅くなりましたが、、、
ブロック玩具総合SNS
BlockBuiders-Network:通称「BB-Net」をご存知でしょうか?

BB_top.jpg

ガンダム、勇者シリーズ系nano blockアーティストな
元ITエンジニアのあっきーさんによる、
ブロック玩具による制作・閲覧を楽しむSNSです。

URL:https://b-builders.net/

BB_ackeysan.jpg

あっきーさんをはじめとするナノブロッカーさんや
浅川さん、しんじさん、takoさんをはじめとする
名だたるLaQビルダーさんのアンオフィシャルなキャラモノ作品などが閲覧できます。

登録・利用は無料
ご興味ある方は是非一度覗いてみてください!!


【 お詫びと訂正 】

前回の記事「2017年6月のLaQ芸術祭より」の中で、
「しょうちゃん」さんの作品『変形ロボα2レーサー』を紹介しており、

> この作品、惜しくもヒット賞なんですが、ヒット賞ってことは年間賞候補なので、
> 今後の活躍に期待したいです。

と書いておりましたが、
ヒット賞は年間賞候補の対象外でした。。。スミマセン
▼LaQ芸術祭募集要項(抜粋)
LAFyoukou-shinsa.jpg

かつては「LaQヒット賞」っていう名前じゃなくて、
「ハカセ特別賞」という名前だったんですが、
その頃は年間賞ノミネート作品の対象だったんですよね。。。

▼たとえばこんなカンジに(2010年LaQ芸術祭より)
LAF201012.jpg

 ↓ ↓ ↓ (きりく氏の作品にご注目)

LAF2010champion.jpg

そんなこんなですみませんが、今は対象外のようです。。。
ただ、しょうちゃんさんの作品はとても良かったので、
かえすがえす惜しいです。。

▼そんなしょうちゃんさん(=SHOchanさん?)の作品も
 BB-Netでご覧いただけますよw
BB_SHOchan.jpg

2017年6月のLaQ芸術祭より

LaQオフィシャルホームページにて、
2017年6月のLaQ芸術祭の作品が発表されました。
5月にもお伝えしましたが、
今年の芸術祭はなかなか面白い状況になっています。

今回は特に気になった3作品のみをご紹介!

LAF201706makto.jpg
■テーマ:タマムシとヒゲコメツキ(オス)
■名前:まこと ■年齢:45歳 ■住所:神奈川県

5月にトップでご紹介した「まこと」さんの甲虫モデル第2弾!!
タマムシモチーフはLaQビルダーなら誰しも一度は考えたことがあるのでは?
球体表現が得意なLaQですが縦シマ模様というのは意外と難しい?
なるほど。。こういう組み方があったのか。。
胸部と後翅の組み方が美しい!!

LAF201706ogatasensei.jpg
■テーマ:テニス
■名前:緒方先生 ■年齢:31歳 ■住所:京都府
ご職業がイケメン保育士でいらっしゃる緒方先生、
まさかお仕事中に作った作品を芸術祭に応募している、、わけではないですよね??
というか一体いつこんな作品作ってらっしゃるのか?
確か小さなお子さんもいらっしゃったような。。。
ご自宅にLaQで組んだ板を何枚か保管でもしているのだろうか?
LaQで背景まで作りこんでいる方はときどきいらっしゃいますが、
作品全体がフレームに納まりきらないサイズで作られています。
LaQで作ったスコアボードがあんなに小さい!!
躍動感というかストーリー性というか、
作品自体の惹き付け力がハンパないですね。
コメントには
「勢いのある写真を撮るために、1番時間がかかったテニスコートが一部しか写っていないことが悔やまれます。」とありましたが、
逆に作り切ったうえで敢えて一部だけを作品として切り取ったからこそ、
この作品の凄さが伝わったのだと思いますよ。
作品前景は是非次回のLaQフェスタでw

LAF201706hit01.jpg
LAF201706hit02.jpg
■テーマ:変形ロボα2レーサー
■名前:しょうちゃん ■年齢:43歳 ■住所:埼玉県
NCBコウくん以来というか、久々にハイクオリティな変形モノ。
モチーフはもしかすると今年にMPの発売が決定したあの方ですかね??
つま先(踵?)部分がかなりカウンタックしてますww
変形モデルとしての評価はもちろんですが、
この作品の一番の注目ポイントは何といっても黒いフェンダーで
ミニタイヤを小さく見せない表現だと思います。
このサイズでミニタイヤを使うとタイヤが小さすぎてどうしても貧相に見えるのですが、
錯視を利用した見事な表現方法。これは思いつきませんでした。。。
この作品、惜しくもヒット賞なんですが、ヒット賞ってことは年間賞候補なので、
今後の活躍に期待したいです。


■オ マ ケ

LAF201706gekkannoubo.jpg
月間応募一覧の中には「しょうちゃん」さんの(?)赤オプ版も発見!
あと、スーパーデフォルメビルドアップロボが可愛すぎるw

ワイバーンJr.の翼

ワイバーンJr.の作り方解説にリクエストいただきありがとうございます。
ここでは翼部分の解説のみ増補させていただきます。

はじめに、実際には黒で作ってありますが、
黒だとちょっと分かりづらいので、あえて青に変えてお送りします。
なので、青いパーツのところが実際には黒だと思って見てください。

▼こちらは左翼
Wyvern_2216.jpg
 (片側だけで解説します。左右対称に一組作ってください)

▼パーツ分割(この画像のみクリックで拡大できます)
Wyvern_2217.jpg

▼各部位ごとに組み立て
Wyvern_2218.jpg
Wyvern_2219.jpg
Wyvern_2220.jpg

【ちょっと工夫できるポイント】

▼最後に取り付けるこの部分
Wyvern_2221.jpg
実際に取り付けてみると、鉤爪基部のNo.5パーツに
△▽△の先っちょが当たるので、実はちょっと狭い。

▼なので、No.3パーツを2つNo.4に変えてあげると
Wyvern_2222.jpg
※写真の水色&オレンジのNo.4

▼少しゆとりができる
Wyvern_2223.jpg

▼付け根の取り付け
Wyvern_2224.jpg
Wyvern_2225.jpg
ワイバーンJr.が留守なので、
代わりに胸部構造が近い形状のフェニックス君に代役をお願いしました。
取り付けるとこんな感じになります。

分かったかな??