プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

LaQフェスタ12th 【LaQ王】ファイナル王座決定戦 その1

【LaQ王】ファイナル王座決定戦

その年の芸術祭チャンピオン&グランドチャンピオンに、
名人戦を制したLaQ名人を交えて行われるバトルロワイヤル。
この戦いを制したものが、
その年の真の王者=【LaQ王】となるのです!

ルールは30分間の時間制限で行われるタッグマッチ。
パートナーは家族・知人・ヨシリツスタッフの中から
ファイナリストが任意に指定できます。
テーマが予め伝えられており、
当日、会場に用意されたパーツを使って、
テーマに則したモデルを制作します。

そして、今回のテーマは
  「世界遺産」
ザ・ワールド・ヘリテージィィィ!!!

では早速、
今年のファイナリストのご紹介と戦いの模様をお伝えしましょう!

エントリィィィナンバァァァ、ワァァァン!!
か・ず・た・か!!yehhh!!

■no.1 「かずたか」さん
芸術祭では10歳とは思えないスペシャルギミックを披露
ギミックだけではなくデザイン性の高さにも注目です!
LaQ-O201701.jpg

タイトルはズバリ「ピサのしゃとう」
LaQ-O201701a.jpg
このモデル、御覧の通り大きくは4つの部分から構成されていて、、、

▼展示モードから、
LaQ-O201701b.jpg

▼土台にあるレバーの操作でバランスゲームモードになります!!
LaQ-O201701c.jpg
さらに、塔を土台から取り外して振れば、、、
「本日のラッキーカラー」を教えてくれるおみくじモードになります!!

塔の傾け方の発想だけでなく、ここまで遊べるモデルにするなんてスゴスギ!!
▼さらに展示解説用の資料まで自作されています。
LaQ-O201701d.jpg



エントリィィィナンバァァァ、トゥゥゥーーー!!
う・ん・め・い・の!!yehhh!!

■no.2 「運命の」さん
パイロンは世を忍ぶ仮の姿、如かして、その実態は、、、
LaQ-O201702.jpg
昨年に続き、【LaQ王】戦は二度目の連続出場となる
「運命の」さん
昨年のテーマ「オリンピック」では、
廃案となった旧エンブレムをモチーフとした変形ロボを作り、
独自の世界観を展開されていました。
今年の受賞コメントでは「これからも好きなものを作る」
との、媚びない頼もしい発言!!造形の基本ですね!

そんな「運命の」さんのモデルがこの「ヴェネチア」
LaQ-O201702a.jpg
思った以上にド直球な世界遺産モチーフ。
ツイッターや本線前でも土壇場でモチーフ変更したのだとか
つぶやいていらっしゃいましたが、果たしてその結果や如何に!!?
LaQ-O201702b.jpg
とりあえず、大学合格おめでとーーー!!


エントリィィィナンバァァァ、スリィィィーーー!!
だ・ん・ご!!yehhh!!

■no.3 「だんご」さん
LaQ-O201703.jpg
そのモチーフ選択や色遣い、造形センスから、
かのレジェンド達人「おりパパ」の再来的な雰囲気がプンプンしますw
モチーフは我らがふるさと岐阜県は白川郷@合掌造り!
LaQ-O201703a.jpg

ブラウン&グレーの挿し込み方が絶妙です!!
LaQ-O201703b.jpg
三軒とも少しづつ形が違うところにも注目です!


エントリィィィナンバァァァ、フォォォォーーー!!
た・ん・ぽ・ぽ!!yehhh!!

■no.4 「たんぽぽ」さん
LaQ-O201704.jpg
一時はパッタリとブログも休止されていましたが、
奇跡の(?)復帰から二度目の【LaQ王】戦

たんぽぽさんといえば、とてもインドアなイメージを勝手に抱いておりましたが、
開始前のウォーミングアップは動く動くw
意外と体育会系的な一面を拝見させていただいた気がしました。

そしてテーマはご自身の16年前の思い出の場所という
スペインはガウディ建築からグエル公園
LaQ-O201704a.jpg

▼ナント16年前のたんぽぽさん写真と一緒に展示!
 今や4児のお母様ですが、この時はまだ独身??
LaQ-O201704b.jpg

とりあえず、つづく。。。

LaQフェスタ2017レポート 展示編その2

つづきです。

ここからはワイドジオラマモデル5連弾
イベントなどで使用されるジオラマモデルなので、
みなさんどこかで拝見されたことがあるかもしれません。

展示#21 LaQファーム 
2017Festa_model21.jpg

展示#22 ブタVSオオカミ
2017Festa_model22.jpg

展示#23 西部開拓時代
2017Festa_model23.jpg

展示#24 ピザ工場
2017Festa_model24.jpg

展示#25 ダイナソーワールド
2017Festa_model25.jpg


さぁて、この5作品のうちに1つだけ、僕の制作したものがあります。

それはどれでしょう??

 ・・・

 ・・・

正解は、、、

 ・・・

 ・・・

「展示#25 ダイナソーワールド」です。


分かりました??


そして、

ここで展示#26としてコカリニ展示があったんですが、、、

すみません。撮り忘れてました。。。


ソレハサテオキ


ここからは衝撃の新商品発表!!!!
しかも4連打!!!!



まずは、

展示#27 ジャパニーズコレクション ミニシリーズ(6月発売!)
2017Festa_model27a.jpg
これは可愛いですね!!

▼僕のお気に入りはコチラと、
2017Festa_model27b.jpg

でもってもうひとつはコチラ。
2017Festa_model27c.jpg
このサイズのモデルって結構LaQの真骨頂な気がする。


そして!

展示#28 アニマルワールド「危険生物」(6月発売!)
2017Festa_model28a.jpg
英名タイトルは「VENOM(ヴェノム)」という、
なんとも禍々しい猛毒生物ばかりのラインナップ。
こちらは第2回MOVEコンペ明けに行われた
達人コンペから選出されています!!

2017Festa_model28b.jpg


さ・ら・に、


展示#29 ありそうでなかったマリンワールドから、ペンギンモデル!!(6月発売!)
2017Festa_model29a.jpg
2017Festa_model29b.jpg


展示#30 スイートコレクション スイーツ・パーティー(6月発売!)
2017Festa_model30.jpg

ということで、6月発売の新商品はナント4点!!!!


展示#31 ペンギンスノーランド
2017Festa_model31.jpg

展示32 #モンスターバンド
2017Festa_model32a.jpg
2017Festa_model32b.jpg
LaQロゴのところ、間のジョイント抜いただけで、結構オドロオドロしさ出てますね。
こういう感じのビジュアルバンド、本当にありそうww

展示#33 レース
2017Festa_model33.jpg
何気に元祖(?)LaQカタログのジオラマモデルが今回の展示モデルのアンカー
というところにメッセージ性を感じますね。。。


ここからは展示モデル"番外編"
アンケート対象外の展示モデル(体験コーナーに展示)です。

2017Festa_model-ex01.jpg
2017Festa_model-ex02.jpg
2017Festa_model-ex03.jpg

さらにこんなものも

2017Festa_DW01.jpg

2017Festa_DW02.jpg

ディノキングダムタペストリー!!

デカイなコレw


さて、次回はいよいよ

【LaQ王】ファイナル王座決定戦に、レディーゴー!!!

LaQフェスタ2017レポート 展示編その1

さぁて、みなさんお待ちかね!!
4月1日(土)と2日(日)、
奈良県文化会館にて行われたLaQフェスタ2017のレポートです。
今回でLaQフェスタも12回目を数えます!!

フェスタに行った方は雰囲気を思い出しながら、
行けなかった方は行った気になってお楽しみください。

2017Festa_002.jpg
2017Festa_001.jpg

まずは定番の展示から!!

今回の展示は2会場に分かれており、
33展示の中からお気に入りの展示2点に投票するという仕組みです。

展示#1 四神甲冑
2017Festa_model01.jpg
第二回LaQフェスタで初登場し(確か)、
未だに人気の展示モデル四神甲冑が今回のトップバターを飾るウェルカムモデル
未だに色褪せないデザインです。

展示#2 LaQ甲冑
2017Festa_model02.jpg
改めてこうして飾られるのは珍しい気がしますが、
私の記憶が確かならば、
この甲冑、初代LaQ博士が実際に着てイベントで使用していたものでは?
LaQフェスタが始まるよりも古いモデルだったと思います。。

展示#3 恐竜骨格
2017Festa_model03.jpg
こちらも第一回LaQフェスタ以降、度々見かける人気モデル
かつてのホビーキット恐竜骨格(浅川さん作)のモデルを含みます。

展示#4 世界の名画より『真珠の耳飾りの少女』
2017Festa_model04.jpg
この頃流行り?の三角平面モデル
平面モデルは三角形を組み合わせて作った方が丸みの表現などに向いてますね。

展示#5 『富嶽三十六景』より、神奈川沖浪裏
2017Festa_model05.jpg
こちらも三角形を組みわせた平面モデル和洋を問わず馴染みます。

展示#6~11 世界の建築モデルシリーズ
2017Festa_model08.jpg
2017Festa_model11.jpg
画像がひとまとめで申し訳ないですが、
#6五重塔、#7タージマハル(ケタクさん作2014年グランドチャンピオン作品)、
#8サグラダ・ファミリア、#9・・・、
#10聖ワシリイ大聖堂(ケタクさん作2013年チャンピオン作品)、
#11チラデンチス宮殿
▼展示会場ではヨシリツ企画部のクールビューティーN西による
 サグラダファミリアのデモンストレーションも。
2017Festa_model08b.jpg

展示#12 不動明王
2017Festa_model12.jpg

展示#13 大日如来
2017Festa_model13.jpg

展示#14 金剛波羅密多
2017Festa_model14.jpg

展示#15 阿修羅
2017Festa_model15.jpg
この勢いで百体観音ができれば壮観ですねww

そして、あぁ、しまった。。。
不動明王と阿修羅の間のあの仏像、撮り損ねてる。。。

ということで、▼こちらの画像はLaQ Taiwanさんのfb画像から拝借しました。
展示#16 蔵王権現
2017Festa_model16.jpg


展示#17 ブルーニーサン名人作「華麗なる孔雀」(レプリカ)
2017Festa_model17.jpg
2016年前期名人戦優勝作品
とにかくデカイ!!
しかもこの大きさで翼と尾羽が展開できるとか凄すぎる。。。

展示#18 ゆう名人作「LaQ 2017干支シリーズ ニワトリ 限定2個」
2017Festa_model18b.jpg
2016年後期名人戦優勝作品

展示#19 福山のユウトさん作「橋を渡る森林鉄道」」(レプリカ)
2017Festa_model19.jpg
2016年LaQ芸術祭ジュニア部門グランドチャンピオン作品

2017Festa_model19b.jpg

展示#20 りょうさん作「メガネモチノウオ」(レプリカ)
2017Festa_model20.jpg
第2回LaQxMOVE作品コンテスト MOVE賞受賞
2016年LaQ芸術祭ジュニア部門グランドチャンピオン作品

2017Festa_model18a.jpg

う~ん、どれも玄関や床の間に飾っておきたい作品ばかりですw

つづく

2016年版 今年の顔

いよいよ来週に迫った第12回LaQフェスタ。
今年の会場は奈良の番。

そしてやはり楽しみなのが、
なんといっても『【LaQ王】ファイナル王座決定戦』

いまさらですが、ここで今年の顔をおさらいしておきましょう。

まずは2016年前期名人戦を制し、
一番早くエントリーを決めた「ブルーニーサン名人」

2016-1meijin.jpg
昨年に続く連続出場です!

そして、2016年後期名人戦を制した「ゆう名人」

2016-2meijin.jpg
ゆう名人、、、ゆうめいじん、、、
どうしたって頭に浮かんじゃうのが、
ゆ・ゆ・ゆ の湯~名人 ジャノメの湯~~め~いじんw
なんて、しょうもないこと言ってすみません。
初タイトルおめでとうございます!

グランドチャンピオンは、
2016LAF_GC.jpg

「福山のユウト」さんは前年の芸術祭チャンピオン
LaQ-O10.jpg
▲前回のチャンピオン作品「ボンネットバス」
やはり二年連続の出場です。

「メガネモチノウオ」の「りょう」さんは、MOVEコンテストからのグランドチャンピオン獲得。

さらにチャンピオン勢の層もかなり厚い!!
2016LAF_C.jpg

「カンベー」さんはビルドアップロボコンテストからのチャンピオン入り。
「かずたか」さんと「かずたかパパ」さんは、
ナント!親子で別々にエントリーされているので、
当日はタッグが組めないのですね!!
しかも親子対決とはなかなかやりづらいところですね。。。

一般部門は5名中、3名がなんとティーンエイジャー!
たんぽぽさんの復帰後参戦も注目です。

今年はどんなテーマが飛び出すのか?
今から楽しみです!!

LaQ作り方&解説一覧

最終更新日:2017年3月12日
<最新up>
 基本のハエトリグモ
 LaQ幻獣mini グリフィンJr. の作り方をまとめました!

▼LaQ幻獣(Fantasy)シリーズ
 dragon_9637.jpg リトルドラゴン 【前編】【後編】

 Griffin01.jpg Pちゃん(グリフィン) 【前編】【後編】

 GFJrDSC_0009.jpg LaQ幻獣mini グリフィンJr.new-up-icons02-001a.gif

 Chimaira_9749.jpg
 ポチ(キマイラ) 【ライオンヘッド編】【ライオンバディ編】【ライオン→キマイラ編】【山羊後半身編】

 Chimaira2016_IMG_9823.jpg 
 ポチ(キマイラ)2016 【前半身】【後半身】【キマイラユニット】

 Akainu_IMG_2674.jpg ケルベロス(赤戌)赤戌の駆け足up

 KirinIMG_1028R.jpg 麒麟
 <現在作り方非公開ですm(_ _)m>
 
 WyvernIMG_1143.jpg
 ワイバーン その1その2その3その4

 Wyvern_jr_IMG_6881.jpg ワイバーンJr.

 KOHRYU14_IMG_4751.jpg 紅龍

 GD_upIMG_6174.jpg グレートドラゴン・ルージュ 【頭部&頸部】編 【胴体&脚部】編 【胸部&腿&肩&翼】編

 NackerIMG_6763.jpg ナッカー 【前編】【後編】

 Fenrir_IMG_5949.jpg フェンリル作り方解説【後半身】フェンリル作り方解説【前半身】幻獣ビルドアップ


▼アクション愛玩動物シリーズ
 Pang-Tang_IMG_3434.jpg パンたん

 IMG_9625bl.jpg トリケラトプスちゃん詳細画像リンク

▼LaQアニマルズ
 SmilodonIMG_0830.jpg
 ザ・タイガース 【タイガーヘッド編】【スミロドンボディ】【タイガーボディ】

 Machairodus_7125.jpg 新 ザ・タイガース作り方解説【マカイロドゥスヘッド

 JS_DSC_0066.jpg 基本のハエトリグモnew-up-icons02-001a.gif

▼ウルトLaQ(ウルトラシリーズ)
 Casules_IMG_3619.jpg ミクラス

▼ハロウィンモンスターズ
 Dra-Q_9914.jpg ドラQ(ドラキュラⅢ世)

 Fran-Q_9974.jpg フランQ(フランケンⅡ世)

 werewolf_0299.jpg ウェアウルフ(子連れ狼男)


▼LaQビークル(乗り物)
 VFQ1A_DSCF0036.jpg ジェットファイター THE ORIGIN

▼ビルドアップ・ロボ!
 AX-U5_IMG_4452.jpg ビルドアップ・ロボ 1号機   <作り方非公開>

 AX-02_IMG_4489.jpg ビルドアップ・ロボ 2号機   <作り方非公開>

 AX-01G_IMG_4640.jpg ギガンティック・アーマー

 G-Armor_IMG_5244.jpg ビルドアップ・ロボ・ギガンティック

▼ロボット・キャラモノ
 GOLDORAK_IMG_5441.jpg グレンダイザー・センチ(スペイザー付き)

 IMG_9158bl.jpg 名付けて「アクションロボ・セイバー」

続・ブラックボディで爆走しよう!

ブラックボディのニクイヤツ
遅ればせながら、ようやく手に入れることができました!!

HC_BlackR01.jpg

ということで、勝手ながら商品レビュー!!
昨年の12月にはたんぽぽさんブログでも既に紹介されていますね。
(しかも9台同時コンプリート!!)
タイトルを「続・ブラックボディで爆走しよう! 」とさせていただきましたが、
これも勝手ながら、こちらの続編ですww

▼ボックスB面
HC_BlackR02.jpg

▼中身はこんな感じ
HC_BlackR03.jpg

今回は、LaQ界のギミック王
「しゅうくんとやっくんのおとうさん」さんの作品です!!
▼プロフィール
LaQ芸術祭 TOKYO MX杯 グランドチャンピオン
2012年度第14回LaQ芸術祭グランドチャンピオン
2011年度第13回LaQ芸術祭チャンピオン
2010年度第12回LaQ芸術祭チャンピオン
2010年11月~2012年12月の25ヶ月間で月間賞獲得数:12回
■これまでにHCパワーショベル、
HCドラッグレーサーのモデル制作をされています。
SY-otohsan05.jpg
SY-otohsan04.jpg

▼今回の組み換えモデルはナント9点!!
HC_BlackR04.jpg
HC_BlackR05.jpg
HC_BlackR06.jpg
HC_BlackR07.jpg
HC_BlackR08.jpg
HC_BlackR09.jpg
HC_BlackR10.jpg
HC_BlackR11.jpg
HC_BlackR12.jpg
それぞれのモチーフ毎に名前と設定が記載されています。

▼メインモデルの「The Brain(ザ・ブレイン)」
HC_BlackR0441.jpg
HC_BlackR0437.jpg
HC_BlackR0430.jpg
「8つの獣(組み換えモデル)を統べるもの」
という意味合いからブレイン=頭脳と名付けられています。
(ブラック・レーサーではないんですね!!)

垂直に跳ね上がるシザーズドアはスーパーカー世代には憧れの象徴!!
countach.jpg
子供の頃は「ガルウィング」の名称の方が馴染みがありましたが、
本当のガルウィング(gull wing=カモメの翼)はコチラ↓
gulwingdoor.jpg

▼コックピット
HC_BlackR0434.jpg
外からは全く見えませんが、ダッシュボードにクリアパーツを使用
さらにミニシャフトで操縦桿的なものを再現してあります。

▼組み換えモデルのひとつ、No.7:Panther(パンサー)
HC_BlackR0458.jpg

驚くべきはこのサスペンションギミック!!
HC_BlackR0464.jpg
指で押し込むとタイヤが引っ込む!!
とてもシンプルな組み方なのに、ビヨンビヨンと動いて本当にバネになってる!!!
この小気味良さはぜひ、実際に作って味わってほしい!!
HC_BlackR0461.jpg

▼ザ・ブレイン&パンサーの2ショット
HC_BlackR0463.jpg
※注)実際の商品は組み換え式です。
1つの商品で2つ以上のモチーフを同時に組むことはできません。


なんでも今回の作例の中で、1点だけはご長男(しゅうくん?)の作品で、
微妙にテイストが違うのだそうな。。。

この中で、N0.8:HawkとNo.9:Beeは殿堂ペイジで既視感あるので、
間違いなくお父さん作品でしょ?
No.6:HippoとNo.7:Pantherは作風に共通項があるので間違いなくお父さんさん、
No.2:IbisとNo.3:Caimanも同じ理由で間違いなくお父さんさん。
で、残るはNo.1、4、5の3つなんだけど、
メインモデルのギミックは間違いなくお父さんさんで、
No.4は明らかにアレなお父さんさん大好きモデルだと思うので、
消去法でNo.5:Spiderがしゅうくん作品ってことになるかな???


ちなみに、


今回の作品の3年前には既に今のギミックが確立されていました。。。
(しゅうくんとやっくんのお父さん殿堂ペイジより)
SY-otohsan03.jpg
SY-otohsan02.jpg
SY-otohsan01.jpg
o0500033412734313164.jpg

気になる5人目

LaQ芸術祭 2016年12月月間受賞作品発表されましたね!
2016年最後の月間受賞作品にしてはやや寂しい内容ですが、、、

プネタリウムさん、近頃ではすっかり常連的な入賞!
緒方先生、だじゃれおじじさん、LaQ一代男の父さんあたりが
今や芸術祭の顔ですね!!

ところで今年最後の月間賞で最も気になった作品がこちら

▼TaTuさん(15歳 千葉県)作『天狗』
TaTu_tengu.jpg

ナニコレすごく良くできてる!!
顔の表現、ポージング、団扇や下駄の鼻緒なんかの小物表現
羽の雰囲気とか全体のバランスとかカ・ン・ペ・キ
腕と足の重ね表現とか凄く勉強になる!!

天狗モチーフのモデルと言って思い出すのは、
知る人ぞ知るレジェンドビルダー「無精髭」さんの『天狗』
無精髭さんは2010年LaQ芸術祭のチャンピオンで、
当時の奈良フェスタで初のLaQ王決定戦でご一緒させていただいた
「ハマクロン半目の祖」とでも呼ぶべき、この表現技法のパイオニアです。

bushohige_tengu.jpg

いやぁ天狗モデルでこれに張り合えるクオリティが出せるのは凄いです。
二回言うけど、
TaTuさんの団扇とか下駄の表現は、比べてみても秀逸w

クラウンマークによれば、
TaTuさん5回目の入賞とのことで調べてみたんですが、、、

▼まず直近がコチラ
TaTu_phoenix.jpg

「あ、ナルホド!この方でしたか!!」というクオリティですね。

▼その前はこちらのヒット賞
TaTu_kotokoto.jpg

ほうほう、単純ながら着眼点が面白いですね。

▼そして今年の3月
TaTu_madako.jpg

コンパクトなサイズのモデルですが、配色や表現がステキです。
リアルなデフォルメというべきか、、、

ここまで数えて、ヒット賞を合わせても4作品なんですよね。。。
これ以上は遡っても見当たらないのですが、、、


さらに4年前にこんな作品を発見!!


TaTu_jaws.jpg

「たっつ」さん、、、「TaTu」さん???
ちょっと違いますけどお名前は似てますよね???

で、千葉県

2010年12月~2011年3月のお生まれであれば年齢も一致しますね。。。

同一人物でしょうか?(違ってたらゴメンナサイ!!)

4年前(5年前?)の2012年って言ったら、
YASUさんやしゅうくんとやっくんのお父さんさんがまだ一般ビルダーとして
バリバリ作品作って芸術祭に投稿されてた時代で、
たんぽぽさんの長期休暇(?)よりも前、僕がヨシリツ現役だったころw
結構昔なんですね!!?

ところで、LaQオフィシャルHPのナビボタンでは、
芸術祭の詳細が1年前までしか遡れないのですが、
過去の頁自体は現存していますので、URLを直接入力することで
過去作品を遡って閲覧できます。

LAF_URL.jpg
↑こんなカンジにURLの末尾を見たい年月に書き換えることで移動できます。

この方法で最大2008年4月まで遡ることが可能。
2008年4月と言えば、まだ僕が芸術祭に参加すらしていなかった頃。

ちなみに、

▼こちらが僕の初入選時のペイジwww
LAF_200808.jpg
周りの作品と比べても明らかにクオリティが低いですww
(下のサムネがなんとしんじさん!!)
今じゃこのくらいだとまず入選しないでしょうから、
ビギナーズファースト的な入賞だったんでしょうねw