プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

巨大カマドウマ出現!(LaQ芸術祭回顧録 =入選#10=)

2010年4月LaQ芸術祭入選作品

これ作ったときはなんだか妙に感動しました。
こんなにLaQテイストにぴったりの昆虫がいたなんて。
リアルに作るとだいたいこんな大きさになっちゃうんですが、
うまい具合に自立してくれています。

IMG_2576bl.jpg
IMG_2586bl.jpg
▲ポイントはハマクロンシャフトをはめこまずに、ソフトに繋げた触角。
 これによって触角に表情を出すことができます。

IMG_2588bl.jpg
▲LaQ昆虫は後姿が特に美しい?
 (左手の発泡スチロールにはオオクワガタ(蛹)が入っています。)

IMG_2607bl.jpg
▲腹側も結構リアル。
 バッタやコオロギに似ていますが、捕まえようとすると、
 すぐに肢がポロリと取れてしまう。
 完全体で捕獲することがなかなか難しい虫です。

IMG_2572bl.jpg
▲湿度の高いところを好み、トイレやお風呂場、玄関などに出没します(田舎に限る)。
 別名「ベンジョコオロギ」
 このときは玄関からお風呂場に出没しました。

※今回の制作に当たって参考にした「カマドウマ研究所」
 なかなかマニアックで面白いサイトです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
416:No title by Rain Bringer on 2012/12/16 at 08:10:29

ほんとすごいですねぇ~
ホンモノそっくりですもんねぇ~

こんな風にLaQを
作れたらと思うばかりです。

417:大傑作です by YASU on 2012/12/17 at 00:51:58

ken01さま

 これも大傑作ですね。ホントによくできていると思います。接続もカラーリングも絶妙。いや~素晴らしいです。

418:ぐろい! by 浅川直樹 on 2012/12/18 at 00:07:38

無機質なブロックで有機的なものを再現するって、
挑戦のベクトルとして間違っていないと思っていて、
しかもグロさまで出せれば、
それは大成功の部類に入ると思います。
(ほめてます)
僕もちょこちょこチャレンジしてるんですが、
なかなかここまではいきません。
(ほめてます)

419:Re: No title by Ken01 on 2012/12/18 at 01:00:05

RBさん、

> ほんとすごいですねぇ~
> ホンモノそっくりですもんねぇ~

どんなに頑張ってもホンモノのようにはならないのですが、
ホンモノが思い浮かべられるようなディテールの再現ができると良いと思ってます。

> こんな風にLaQを
> 作れたらと思うばかりです。

RBさんのサイトがなければ
あたしのLaQ熱もこんなに燃え続けることはなかったかもと
いつも思いますよ。

420:Re: 大傑作です by Ken01 on 2012/12/18 at 01:06:29

YASUさん、

>  これも大傑作ですね。ホントによくできていると思います。接続もカラーリングも絶妙。いや~素晴らしいです。

あざす。
モチーフそのものに華がないとなかなか人の目を惹かないんですが、
ものすごく作り込まれたワキキャラには
逆に人の目を引き付ける魅力があることがありますね。

421:Re: ぐろい! by Ken01 on 2012/12/18 at 01:11:19

浅川さん、

> 無機質なブロックで有機的なものを再現するって、
> 挑戦のベクトルとして間違っていないと思っていて、

さすがに学者肌ですね。
妙に納得させられるロジックがただのオタクではないですな(褒めてます)。

> しかもグロさまで出せれば、
> それは大成功の部類に入ると思います。
> (ほめてます)

会社で作っているとたまに営業さんから
「うぅ~わぁ、ナニコレ!気ん持ちワル~!!」
って言われることがありますが、あれって誉めてるんですかね。

> 僕もちょこちょこチャレンジしてるんですが、
> なかなかここまではいきません。
> (ほめてます)

褒められてもそうでなくても、
浅川さんから言われることに悪い気はしません。

422:No title by Rain Bringer on 2012/12/18 at 22:53:46

>RBさんのサイトがなければ
>あたしのLaQ熱もこんなに燃え続けることはなかったかもと
>いつも思いますよ。
>
私のあんなサイトが着火剤になったのなら
光栄至極です。

色んな方に
どんどん着火してもらいたいですねぇ~
(ってそんなに影響力は無いですよね。)

嫁様にはよく
「踏み台にしてもらうための作品でしょ」って
言われています。

なので完成形は他の方々に任せるつもりで作っております(笑)
(実際は一生懸命作っているのですが・・・)

423:No title by しんじ(松山) on 2012/12/19 at 02:18:47

身体のリアル感に加えて、足の感じもいいですね。
単独で自立させて長期保存すると、やっぱり、足が弱っちゃいますよね。うちのアリ、今も置いてる(放置してる)んですが、作ってしばらくの間は、格好よく4足でちゃんと自立してたのに、置いている場所が滑りやすいところなので、足がだんだん広がってきてます(^^;

425:Re: No title by Ken01 on 2012/12/26 at 01:25:10

しんじさん、

コメントあざす。

> 単独で自立させて長期保存すると、やっぱり、足が弱っちゃいますよね。

そうなんですよね。昆虫の肢のしなやかさを表現しようと思うと、
単体ではなかなか長時間保持しきれません。
そこで考えたのがディスプレイステージ。
テントウムシや、ハナカマキリでは
花モチーフをディスプレイ用ステージにすることで、
肢の広がりや「へたり」を軽減し、
なお且つジオラマベースのように、より自然に飾ることができます。
動物や恐竜などの瞬間的なちょっと無理なポージングの支えとしても効果的!

▼このエントリーにコメントを残す