プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ザ・フライ(LaQ芸術祭回顧録 =入選#09=)

2010年3月LaQ芸術祭入選作品

久しぶりに入選作品の紹介です。
この3月は年間締切の月なので、
正直言うと、入選できないだろうという前提で、
小物作品3点を冷やかしのつもりでまとめて応募してみたところ、
「あらま、入選しちゃった。」という、
思いがけずにラッキーカード使っちゃった回です。
マイナー昆虫だったのが逆に功を奏したのかもしれません。
まぁ、そんなものだったりします。

IMG_2225bl.jpg
▲「うわ!ハエだ!!」というカンジでゴミ箱の上で撮影。
 本当は食べ物(本物)にたかっている絵にしたかったんですが、自粛しましたw。

IMG_2227bl.jpg
▲すりすりしている前肢がポイントです。

IMG_2216bl.jpg
▲うお~、我ながらキモチワルイ。

Fly-004bl.jpg
▲ミドリバエバージョン。

Fly-008bl.jpg
▲ところでハマクロンシャフトには新旧2タイプがあるの知ってました?
 発売当初のハマクロンシャフトは接続基部まで四角い(正確には八角形)んですが、
 新しいタイプは基部が円柱状です(この写真は旧タイプ)。
 Imaginalハマクロンの発売あたりで切り替わっていると思いますので、
 今では旧タイプのシャフトは、ほぼ市場にないと思います。
 ちなみにシャフトの形状変更に伴い、作り方の絵も変わっています。
 古い商品をお持ちの方は確認してみてください。

Fly-011bl.jpg
Fly-017bl.jpg
▲バックビュー
 黒いハエとお尻(腹節)の形状が異なります。
 このハエモデル、何気に複雑な接続法を採用しており、
 どうやって作ったのかという記録があまりないため(扱いがぞんざい)、
 いますぐに同じものを作ろうと思ってもちょっと時間がかかります。

Fly-012bl.jpg
▲ハエは極地を除く世界各地に広く分布する昆虫です。
 甲虫類(鞘翅目)、チョウ目(鱗翅目)、ハチ目(膜翅目)に次いで種類数が多く、
 後翅が退化しており、見た目に翅が2枚に見えるため、双翅目と呼ばれています。
 (円で囲んだ部分が退化した後翅)カやガガンボ、アブなどがその仲間。
 双翅目の学名は「Diptera(ディプテラ)」。
 「Di」は「2つの」という意味。
 「翅」を意味する「ptera」は翼竜プテラノドンの「プテラ(翼)」と同じです。
スポンサーサイト
トラックバック
by まっとめBLOG速報 on 2012/11/27 at 00:36:43

2010年3月LaQ芸術祭入選作品久しぶりに入選作品の紹介です。この3月は年間締切の月なので、正直言うと、入

トラックバック送信先 :
コメント
384:No title by Rain Bringer on 2012/11/27 at 06:36:48

ハマクロンシャフト知りませんでした。
LaQの歴史を感じますねぇ~

うちには8角形は無さそうですねぇ・・・
少し残念です。

ハエもすごいですねぇ~
実際こんなハエが飛んできたら
ビックリしますよねぇ~

385:今にも動き出しそうな・・・ by YASU on 2012/11/27 at 21:48:40

ken01さま

 すりすりしている前脚、上手いですねー。これは今にも動き出しそうな雰囲気です。さすがです。

386:Re: No title by Ken01 on 2012/11/27 at 21:49:38

RBさん、

> ハマクロンシャフト知りませんでした。
> LaQの歴史を感じますねぇ~

ええ、公式にはアナウンスされていないそうです。
よく見てみると、
こうしたマイナーチェンジはいろんなところにあるようです。

> うちには8角形は無さそうですねぇ・・・
> 少し残念です。

新しいものばかりなんですね。
実際には新しいシャフトの方が断然使い勝手が良いんですよ。
三角x6個で作った六角形の穴には
旧タイプのシャフトだと入りません。
旧タイプを持ってて喜ぶのは一部のマニアでしょうね。

> ハエもすごいですねぇ~
> 実際こんなハエが飛んできたら
> ビックリしますよねぇ~

そりゃそうでしょwww。
こんなハエ飛んできたら捕まえますね。ゼッタイ。

387:Re: 今にも動き出しそうな・・・ by Ken01 on 2012/11/27 at 21:55:19

YASUさん、

>  すりすりしている前脚、上手いですねー。これは今にも動き出しそうな雰囲気です。さすがです。

いやぁ、花形昆虫ではないですからね。
実際、リアルに作ってもあまり人から喜んではもらえませんね。
普通にキモチワルイです。
あたしとしてはかつての「ビックリマンシール」的なニュアンスだったんですが、、、
(ビックリマンは発売当初、透明なシールにリアルなゴキブリの絵が描いてあったり、
 血のりの模様だったり、実際に家の冷蔵庫や壁に貼ってびっくりさせるためのシールだったはずです。
 いつしか「ビックリマン」というキャラクターになってアニメ化までされていたので
 びっくりしましたが。。。)

388:管理人のみ閲覧できます by on 2012/11/28 at 11:34:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

389:No title by しんじ(松山) on 2012/11/29 at 02:19:01

ハマクロンシャフトの話
おおっ、本当だ。いつの間に、丸くなってたんだ(^^;
完全に、四角いイメージのままでした。
No4でつないだNo1にがっちり固定されるイメージでしたが、
今やってみると、新しいものだと回転できますね。
何に使えるかわからないけど、使い分けが考えられそうですね。

390:Re: No title by Ken01 on 2012/11/30 at 01:13:23

しんじさん、

> ハマクロンシャフトの話
> おおっ、本当だ。いつの間に、丸くなってたんだ(^^;

でしょ。
実はあたしも入社するまで知らなんだwww。
なんせシャフトやミニハマクロン系のパーツは、
発売当初にかなり買いあさったので、新しく買うこと無かったんですよね。

Imaginalハマクロンのオレンジ色のプラケースにはかなり憧れたけど、
結局、Imaginalシリーズではハマクロンだけ買っていなかった。

> 完全に、四角いイメージのままでした。
> No4でつないだNo1にがっちり固定されるイメージでしたが、
> 今やってみると、新しいものだと回転できますね。
> 何に使えるかわからないけど、使い分けが考えられそうですね。

そうなんですよ。回るんです。
円くないと作れないモデルもあるんですよ。

▼このエントリーにコメントを残す