プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

Kangaroo (LaQ芸術祭回顧録 =入選#07=)

2009年11月 月間入賞作品

実はこの作品、娘(当時4歳)がインフルエンザにかかってしまい、
会社を休んで看病していたときに作った作品です。
この年は勤め先の会社が大変な状況(現在は倒産して会社自体ありません)で、
LaQ制作も半年ほど手つかずの状態だったので、
申し訳ないとは思いつつ、長時間自宅にいることを良いことに夢中で作りました。

Kangaroo-004bl.jpg
▲親子のカンガルー。子供だけカメラ目線なのがポイント。

Kangaroo-009bl.jpg
Kangaroo-010bl.jpg
▲子供はポケットから取り出せます。(ちょっとキツネっぽい?)

Kangaroo-013bl.jpg
▲背面

Kangaroo-018bl.jpg
▲子供をポケットに入れるときは下半身を取り外します。

Kangaroo-026bl.jpg
▲下半身を腰の部分で挟み込み、上に載せているだけで接続していません。

Kangaroo-035bl.jpg
▲子供なしのお母さん。

Kangaroo-039bl.jpg
▲足を前に出して人間くさく座ることができます。

投稿コメント

アライグマに続くスイングアニマルシリーズ第2弾(勝手にシリーズ化)。上半身と下半身が別パーツで構成されているためにポーズを変えることが可能。最大のウリは子供(キツネではない)をポケットに収納出来るところ。ただし、ポケット収納時、チビカンガルーの下半身は取り外します。正面から見ると結構マヌケです。子供をポケットに入れていても入れていなくてもそれぞれ見栄えしているところがポイント。

※投稿コメントにもある通り、この作品は11月応募の2作目で、
 この作品の前にやはり上半身を腰に載せただけで
 前後にスイングできるアライグマを投稿しています。
 アライグマの紹介はまた次回。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
305:No title by Rain Bringer on 2012/09/28 at 01:41:57

看病でも
子供が眠っている時とかは
時間ありますもんね。

LaQやるのはアリだと思います。
私も過去にやっていた記憶が・・・

完成した作品はKen01さんとは
雲泥の差がありますが・・・。

306:Re: No title by Ken01 on 2012/09/29 at 07:15:34

RBさん、

> 看病でも
> 子供が眠っている時とかは
> 時間ありますもんね。

このときばかりは娘に申し訳ないとは思いつつ、
夢中になって作っていました。
LaQって作り続けるのは意外と大変なので、
コンスタントに作品提供できる方々は素晴らしいなと思います。
僕の場合、ちょっと忘れた頃に作ると自分でも驚くような集中力で作れるんですが、、、

> LaQやるのはアリだと思います。
> 私も過去にやっていた記憶が・・・

おかげでこの日作った2作品はいずれも芸術祭入賞。
もうひとつの作品はこのあとにupします。

309:発見した時から・・・ by YASU on 2012/09/29 at 23:53:44

ken01さま

 この作品は、昨年ネットで検索して発見した時から好きな作品です。パステルカラーの配色がとても可愛いです。
 恐竜ジオラマもそうですが、接続等にも無理がなく、しっかりした造形で、「ken01さんカラー」ですね。何か温かみを感じます。

313:Re: 発見した時から・・・ by Ken01 on 2012/09/30 at 10:19:48

YASUさん、

>  この作品は、昨年ネットで検索して発見した時から好きな作品です。パステルカラーの配色がとても可愛いです。

あらま、そうなんですか。
ありがとうございます。
個人的には昆虫一本ではさすがに(入選が)難しくなってきたかな?
という思いもあり、自分のジャンルを広げる意味で作ってみた作品ですが、
なんとなく言い訳がましいベタな路線だなと自分では思っていました。

>  恐竜ジオラマもそうですが、接続等にも無理がなく、しっかりした造形で、「ken01さんカラー」ですね。何か温かみを感じます。

う~ん、このあたりは難しいところですね。
あたしはYASUさんの芸術的接続には天才的な才能を感じますが、
確かに誰にでもできる技ではないんですよね。
(芸術祭コピーのときにかなり冷や汗かきながら作らせていただきました)
個人的にはパーツに無理をさせるのがあまり好きではないのですが、
実際にプロの仕事としてはユーザー層への広がりを考えて
「誰にでもできるすごいもの」が理想です。
然しながら無理な接続であれなんであれ、
見た目に「スゴイ」とインパクトを与えられる作品は
理屈なしでスゴイと思うんです。
どっからどこまでが「スーパーテクニック」なのかも基準がありませんしね。

▼このエントリーにコメントを残す