FC2ブログ

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

All These Things That SHOchan's Done

SHOchanさんにはこのブログでも度々ご登場いただいています。
この二年ほどで接点も多く、歳が近いこともあって
勝手に?親近感を感じていますw

SHOchanさんといえば、、、

▼LaQご当地ビルドアップロボ選手権優勝者インタビューのSHOchanさん
SHOchanBR030.jpg

▼2019 LaQ王戦で緒方先生のサポーターを務めるSHOchanさん
SHOchanBR031.jpg

普段は盛り上げ役として影のサポーターに徹することが多い。

あくまで個人的なSHOchanさんの印象は、
めちゃめちゃマジメでいつも真剣!
良心の塊のような方ですが、天然というより
意図的に良心回路のスイッチをオンにしている。
とにかくビックリするほど良い人です。

そして、その実力は凄腕!

初期のSHOchanさん作品の多くは
変形機構付きのロボモデルが多いのが特徴

▼ボンネットを折りたたみ、腰を回転させて変形する「β5グランレーサー」
SHOchanBR023.jpg

▼空陸合体ロボ「γ1ジェットレーサー 」
SHOchanBR020.jpg
SHOchanBR026.jpg

▼ヘリ→ザウルス→ロボの三段変形ロボ「β6ザウルスホバー」
SHOchanBR022.jpg
これ、めちゃめちゃカッコイイ!!
ロボの名前の付け方が機械獣っぽくて良いですねww

▼SWシリーズよりXウィング(最新ver.)
SHOchanBR025.jpg


そして、

SHOchanさんといえば、この発言。。。

gotouchiBRcompe_000.jpg

瓢箪から出た駒とはまさにこのこと。


そして驚くべき行動に出る。


なんと、
自らの制作プロセスをtwitterで公開!
マネージャーとして実況報告&宣伝広告を務めてくださった
かちゃさんと並んで、
LaQご当地ビルドアップロボ選手権への取り組み方を
身をもって紹介!!なんという献身的な姿勢。
頭が下がります<(_ _)>


SHOchanさんの作品はその制作プロセスにこそ意味がある
と言って良いと思います。
モデルそのものよりもそれが生まれるまでの過程にストーリーがあり、
それこそがSHOchanさん作品。

「はじめに珠ありき」 
SHOchanBR001.jpg
的なストーリーがはじまりからビンビンきてます。

ウェアウルフのようなルナティックなストーリーを感じます。
SHOchanBR002.jpg

さらに、織り交ぜられるサイドストーリー??
SHOchanBR003.jpg

珠の力に魅入られた、もうひとつの獣化形態(ダークサイド?)
SHOchanBR004.jpg

▼枇杷モデルのクオリティが何気に高いw
SHOchanBR005.jpg

▼なんというか太古の伝承が現代語訳されたかのような印象を受けるバージョンチェンジ。
SHOchanBR006.jpg
SHOchanBR007.jpg
SHOchanBR008.jpg


ところが、、、


このあたりからSHOchanさん自身のチューニングが怪しくなる
( ´艸`)

あれ、これって・・・
SHOchanBR009.jpg

▼次々と生み出されるビルドアップフレームのスタンドたちw
2018SHOchan_san.jpg

▼フォースの力を手に入れるSHOchanさん
SHOchanBR010.jpg

▼そして、チェイング!!
SHOchanBR011.jpg

▼ガチハマリなクラウド
SHOchanBR012.jpg

▼一周回って培った技術を作品にフィードバックするSHOchanさんw
SHOchanBR013.jpg

帰ってきたSHOchanさん
SHOchanBR014.jpg
SHOchanBR015.jpg
SHOchanBR016.jpg



そして、、、

ご当地ビルドアップロボ選手権終了後、
さらなるリアル造形を目指し、勢いが止まらない!!


SHOchanBR021.jpg
SHOchanBR017.jpg
SHOchanBR019.jpg
SHOchanBR024.jpg
SHOchanBR018.jpg
あれ?ジョナサン。。。


■ オ マ ケ ■

SHOchanBR032.jpg

フェスタ懇親会場のtokoさんモデルに大興奮のSHOchanさん
( ´艸`)

これからのご活躍にも期待してます!!
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2225:ありがとうございます by しょうちゃん on 2019/04/22 at 23:22:33 (コメント編集)

たびたび取り上げてくださってありがとうございます。
思えば、自信作が全くLaQ芸術祭で選ばれない中、腐らずにLaQを続けてこれたのもken01さん がこうやって取り上げてくださったお陰だと思います。
芸術祭に選ばれる作品は、それはもうレベルの高いものばかりなので、自分の結果にも納得するばかりです。
今作っているジョジョや版権物は、芸術祭のための『造形の練習』のつもりで始めました。とか言いながらも好きなものしか作ってないのでかなり楽しく、戻ってこれるやらw
ken01さんや浅川さん、緒方先生やyasuさん、とーたんさん、ハカセ、りゅうせんさん、その他、色んな方の影響を受けていますが、一番色濃く影響を受けてるのは、やはりtakoさんですかね。
LaQを始めたころガンダムを作りたくて、『LaQ ガンダム』で検索した時に出てきたtakoさんのZガンダムにやる気が失せるほど(?)驚きましたし、最初に作ったスタープラチナはtakoさんのデビルマンの画像を穴が空くほど見ながら真似して作りました。真似しきれませんでしたけどもw

2226:Re: ありがとうございます by Ken01 on 2019/04/24 at 20:00:42

しょうちゃん さん、

コメントありがとうございます。わざわざお付き合いくださりく恐縮ですw

> 芸術祭に選ばれる作品は、それはもうレベルの高いものばかりなので、自分の結果にも納得するばかりです。

いやぁ、僕はあんまり納得してないですけどね。
とはいえ、審査されるからには落選作品が生まれるのも仕方ないんですけど。
口惜しいなぁ。。。

Instagram、twitterをはじめとして、
SHOchanさんチルドレンもたくさん生まれたのは、やはりそのモデルの魅力を裏付けているからこそと思います。
これからのご活躍にも期待しています。
これからもよろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す