FC2ブログ

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

続・新・ビルドアップ・ロボの軌跡

gotouchi_build_up_banner1112.jpg

今から遡ること3年、
ビルドアップロボが発売された2015年10月20日のひと月前の9月、
「ビルドアップ・ロボの軌跡」と題して誕生秘話を連載しておりました。

が、しかし、

なんとなく覚えてましたが( ´艸`)
実はこの連載、完結してなかったのです!!

これまで4回の連載に分かれており、

■第1回 ビルドアップ・ロボの軌跡
■第2回 続・ビルドアップ・ロボの軌跡
■第3回 続々・ビルドアップ・ロボの軌跡
■第4回 新・ビルドアップ・ロボの軌跡

となっており、

第1回では
「しゅうくんとやっくんのおとうさんさん」の「ギミック・ロボ!」軍団に衝撃を受けてロボの開発をはじめ、2013年にはその素体が出来上がっていたこと。

第2回では
まだ名もないロボが何者なのか?について。

第3回では
お蔵入りしかけた素体ロボを浅川さんに再発見された経緯について。

第4回では
変形ロボの魅力と商品化の難点から、「いっそ変形しなくていいや」てとこまで。

が書かれています。

変形&合体はロボット玩具のロマンといっても過言ではありません。
「いっそ変形しなくていいや」っていうのはどういうことなのか??
それはつまり、、、
変形を目指してモデルが肥大化したり、デザインを損なう上に
商品が高額化していくなら、いっそすっきりとしたプロポーションを目指そう。
どうせブロック玩具なんだから、変形しなくても切ったり貼ったりして合体できる!
飛行機に変形したかったら飛行機をくっつければいい。
車にしたければ車を取り込んでしまえばいい。
LaQのモチーフには既に車も飛行機もある。
あとは素体さえあれば既存モデルと融合しちゃえば変形しなくてもいい。
パワーアップするのに何かを買い足さなくてもいい。
今までにあるモデルを使ってパワーアップできる!!

そう、ビルドアップ・ロボとは、
これまでの技術とモデルを融合させた
LaQが目指すべくして誕生した最終形態。

build_up_images.jpg

ブロック玩具の特性をそのアイデンティティとして埋め込んだ、
LaQ本来の姿なのだ!!

なんてね( ´艸`)

という、
デザインとテクノロジーに大人の事情が重なった交点に存在しているのが
ビルドアップ・ロボなのです。

さぁ、キミも一緒に!ビルダァッッッ!!

【 完 】
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す