FC2ブログ

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ヨーロッパ紀行2018Oct - 初スイス

gotouchi_build_up_banner1031.jpg

ここのところ、すっかり過去記事ばかり振り返りで書いていますが、
10月16日~24日の期間でスイス&パリの展示会を訪問してきました。

今回の出張で人生初のスイス行きを経験。
2018Swiss_001.jpg

チーズと言えばスイスのイメージが少なからずあるかと思うので、
意外かもしれませんが、スイスチーズはパリ経由で輸入しており、
直接の取引先やメーカーが特にないため、
あまり行く機会に恵まれませんでした。

▼そんなこんなでチューリッヒ空港に到着!
2018Swiss_004.jpg

空港に降りたはじめの感想は「キレイ!」です( ´艸`)
チューリッヒはスイスの北側ですがほぼ中央に位置しており、
国際空港や中央駅をはじめとして、交通網の要となっている
スイス最大の都市です。

2018Swiss_023.jpg

さて、国際空港から中央駅(HB)へ移動するのですが、
スイスでの鉄道の移動にはスイス連邦鉄道(国鉄)の
オフィシャルサイトやアプリがとても便利!

> スイスSBBオフィシャルサイト

発車時刻、発着ホーム、到着までの時間、乗換案内はもちろん、
リアルタイムで乗車率まで分かります!!
しかもこのアプリから切符を購入できるので、
事前に調べて買っておけば駅で待つことなく乗車が可能!

2018Swiss_002.jpg

▼このマークが乗車率
2018Swiss_024.jpg
1.がファーストクラスで、2.がセカンドクラス
ファーストとセカンドとでは運賃が倍近く違いますが、
スイスの鉄道は基本的にどの車両も美しいのでセカンドで十分。

ご存じの通り?スイスには4つの公用語
ドイツ語、フランス語、イタリア語にロマンシュ語があり、
国鉄の名称もこの順にSBB/CFF/FCCと変わります。
(ロマンシュ語での表記はありません。。)

4つの公用語といっても、スイス国民のみんなが4つの言語を話すのではなく、
基本的にフランス語圏、ドイツ語圏のように分かれています。

▼フリブール駅の表札
2018Swiss_003.jpg
左側にフランス語表記、右側がドイツ語

鉄道で移動すると、
どこからかフランス語圏からドイツ語圏に変わることが分かります。

▼スイスといえばやはりチーズフォンデュ
2018Swiss_006.jpg
初日の夜に早速いただきました!
日本の感覚だと、溶けたチーズは
パンのほかに茹で野菜や肉魚と一緒に召し上がる印象がありますが、
スイスの人たちは基本的に「溶けたチーズが主食」です。
溶けたチーズを絡めとるためにパンを使っているだけで、
日本人のように茹でたブロッコリーを鍋に入れることはまずないそうです。

とはいえ、やはり観光目的の客が多く、
レストランではこうした外国人観光客に対応するため、
茹で野菜も用意してくれます。

2018Swiss_007.jpg

茹でジャガイモが美味しい( ´艸`)

▼宿泊ホテルの外観
2018Swiss_008.jpg

湖畔のホテルという、完全観光向けな避暑地ロケーション。
2018Swiss_009.jpg

今回の第一ミッションはモレゾン山のチーズ工房を訪問すること。
2018Swiss_010.jpg

▼スイスのいたるところに広がる牧草地と放牧された牛たち
2018Swiss_011.jpg
主要品種はホルスタイン(現地ではプリモ・シュタイン)であるらしい。

2018Swiss_012.jpg

▼農家の牛舎にたむろしている猫たち。
2018Swiss_013.jpg
全くストレスがない様子で人懐っこいw

▼工房内の様子
2018Swiss_014.jpg
2018Swiss_015.jpg
2018Swiss_016.jpg
2018Swiss_017.jpg
▲型詰めの様子
 円いチーズもはじめは四角く切り出して、型に入れて円くしていることが分かる。

▼フォンデュ製造の様子
2018Swiss_018.jpg

▼工房見学の後はホテルのレストランに戻りランチ
2018Swiss_019.jpg
<< キノコのリゾット >>

2018Swiss_0020.jpg
<< 鹿肉のロースト >>

2018Swiss_021.jpg
<< 鹿肉のタルタル >>

鹿肉メニューが多く、鹿肉をよく食べる。
右上の揚げたポテトのようなものは、
「シュペッツレ」と呼ばれるパスタを揚げたもの。

▼お昼時のテラスの様子
2018Swiss_022.jpg
天気にも恵まれて非常に気持ちが良い(一週間前は嵐だったとのこと)。
いや、ほぼ観光気分、、、なんですがw


■ オマケ ■

スイスはEU加盟国ではないため、
通貨やユーロではなくスイスフラン(CHF)
2018Swiss_005.jpg

海外に行くといつも気を遣うのがお金の管理。
日本円と混ざると厄介なので、お財布の中身を入れ替えたり、
旅行用のお財布を別に用意したり、
また、会社の立替経費用のお金を分けないといけなかったり、、、

そんなときに便利な「折るだけお財布」!!
なんと、A3の紙一枚から折るだけで作ることができます!
お札入れにBOXタイプの小銭入れのほか、マチ付きのカード入れまで。。。

わざわざお財布を買わなくても良いし、使い捨てられるのも魅力。

▼折るだけお財布2
2018Swiss_025.jpg

https://youtu.be/DKEm-9G9SdY
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2157:まじかっ! by おりおりパパ on 2018/11/10 at 16:05:19

チーズって初めから丸く作ってるもんだと思ったら四角く切り出した後に丸く削るんですね!まぁそう言われればそうかっ!

じつはチーズフォンデュ・・・食べたことがないwww家でするにはめんどくさそうだし、外でわざわざ食べるのも・・・って感じで食べるタイミングがなかったwww。

「折るだけお財布」いいですね!もう海外に行くことはないだろうけど、海外に行くときにあればほんとに便利だと思う。いつもサイフ二つ持って行ってた!

そうなんだ!スイスはEU加盟国じゃなかったんですね!中立国だから?なんでだろう・・・旅行する分にはユーロってどこでも使えて便利だった。

「ヨーロッパ紀行2018Oct」続編待ってます!

2158:Re: まじかっ! by Ken01 on 2018/11/11 at 10:01:01

おりパパ殿、

コメントありがとう!

> 四角く切り出した後に丸く削るんですね!

いや、これがね、削るんじゃなくて、
四角い生地を結構無理やり円い枠にはめ込むんですよ。
そうしておくことでしばらくすると型に馴染んで円くなるっていう。。。

> じつはチーズフォンデュ・・・食べたことがないwww家でするにはめんどくさそうだし、外でわざわざ食べるのも・・・って感じで食べるタイミングがなかったwww。

意外!!
おりパパって言ったら、
シーズンには毎年最低2回は自宅でチーズフォンデュしているイメージ
(個人の感想です( ´艸`))


> 「ヨーロッパ紀行2018Oct」続編待ってます!

いや、もうこれ、おりパパ向けに書いてますからねw
言われて書かないわけにはいきませんよw
というわけで続編upしました!

▼このエントリーにコメントを残す