FC2ブログ

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

夏の日の2018

久しぶりの昆虫記
今回はかなりハマれる(自分的に)セミ特集
20180722_01.jpg

セミに関しては基本的に「抜け殻から得られる情報」が大好物w

20180722_02.jpg

いつ、どこで羽化したときのものなのか?

20180722_03.jpg

どこで見つけたのか?

20180722_04.jpg

セミの種類は?数は?オスなのかメスなのか?
ていう、抜け殻(うつせみ)から得られる情報を現場で集めるのが大好きです。

20180722_05.jpg

▼地面に無数に空いてるセミの幼虫が出てきた穴
20180722_06.jpg

▼翅が半透明のニイニイゼミ
20180722_07.jpg

▼こちらクマゼミ
20180722_08.jpg

▼こちらの桜の木に空いている円い穴
20180722_09.jpg

これ何の穴だか分かりますか?
ドリルで空けたようなきれいに円い穴
なんの穴でしょう?

▼実はコレ、クマバチの巣穴です。
20180722_10.jpg

▼栗林アングルを意識したカミキリムシ写真
20180722_11.jpg

さて、今回持ち帰ったサンプルを検証してみましょう。
20180722_12.jpg
この2匹、種類が違うんですが、分かりますか??

特に街中で見つかる抜け殻には、
クマゼミかアブラゼミが多く見られます。

▼この写真、左側がクマゼミで右側がアブラゼミです。
20180722_16.jpg
お腹の縞も違う(クマゼミが三本線(3色)っぽくてアブラゼミが2色)けど、
ポイントは襟の後ろに濃いラインが入るのがアブラゼミで無いのがクマゼミ。

▼もっと分かりやすい見分け方として、
 クマゼミは腹側にデベソのようなでっぱりがあります。
20180722_13.jpg
 これはセミの中でもクマゼミだけの特徴で、
 ちなみにこの写真はメス♀

20180722_14.jpg
腹の先っちょに産卵管の跡が付いているのがメスです。

▼オスの腹側と比べてみましょう。
20180722_17.jpg
20180722_18.jpg
腹の先っちょの丸いところの上に ll ←こんな感じのスジがあるのがメスです。

▼で、これがアブラゼミ
20180722_15.jpg
20180722_19.jpg
みぞおちあたりに出っ張りがないのが分かります。

ちなみに、もっと細かく見ると、
アブラゼミの触覚は7節で、頭から数えて3節目が一番長くて毛が生えています。
クマゼミの触覚は8節で細く、先に行くほど細く短くなっています。

中学生の頃は全て肉眼で確認できていたのですが、
今はすっかりルーペが無いと見えません。
子供の頃はカッコイイからという理由だけでルーペが欲しかったものですが、
実際にはなくても見えたので必要なかったんですけどねw
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2120:関東には by あさかわなおき on 2018/07/23 at 11:13:57

関東にはクマゼミがいないので興味深い。

2121:Re: 関東には by Ken01 on 2018/07/23 at 22:44:54

あさかわさん、

コメントありがとうございます。

> 関東にはクマゼミがいないので興味深い。

そうでしたっけ??
それはともかく、東京は確かにミンミンゼミ天国ですよね。
東京に行くまで半信半疑でしたが、
あんなに大量にミンミンゼミが鳴いている地域が東京なのは
かなりテンションが上がりますw
東京の良いところ5本の指に入るほどですww

▼このエントリーにコメントを残す