FC2ブログ

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ワイバーン亜種とLaQオフ会in東京

2018年5月26日(土)
都内某所でLaQオフ会が開催されました。

実を言うと、今回は僕も何か持って行かないとな、、、
と思って持参してたんですが、みなさんの作品に圧倒されており、
気後れして出さず仕舞いだったのをここで紹介します。

画像は全て
商品版「ミスティカルビースト」ワイバーンの開発用作例です。

#1 プロトタイプ ブラック
20180526wyverns001.jpg
今回の作例全ての原点ともいうべきプロトタイプ。
殿堂の幻獣シリーズからダウンサイズして
緒方先生に作り方upしたワイバーンJr. を
さらに商品化用に改良したもの。

#2 低翼(low-winged)タイプ ブルー
20180526wyverns002a.jpg
20180526wyverns002b.jpg
20180526wyverns002c.jpg
最終製品ではオミットされていますが、
企画段階ではギミックを盛り込むという案があり、
こちらは翼の上側に肩関節を仕込んだタイプ。

#3 高翼(high-winged)タイプ レッド&ブラック ブリンドル
20180526wyverns003a.jpg
20180526wyverns003b.jpg
翼の下側に関節を仕込んだタイプ。
F14トムキャットのような前後可変は可能ですが、
関節の形態上、翼を持ち上げることができません。
ブリンドルカラー(いわゆるトラ縞)をイメージしたワイルドな風貌。

#4 高機動型(high-mobility type) レッド
20180526wyverns004a.jpg
20180526wyverns004b.jpg
20180526wyverns004c.jpg
肩にジョイントを1ブロック分追加したことによって、
関節の可動範囲が広く、他の個体よりも一回り大きく見える。

▼それぞれの肩関節詳細
20180526wyverns002d.jpg
20180526wyverns002e.jpg
20180526wyverns002f.jpg
肩関節の可動を確保するために〇部分に切り欠きを入れており、
強度的にやや弱いのが難点。

20180526wyverns003c.jpg
20180526wyverns003d.jpg
20180526wyverns003e.jpg
翼の可動範囲は前後以外に内側に折りたたむことが可能。

20180526wyverns004d.jpg
20180526wyverns004e.jpg
20180526wyverns004f.jpg
20180526wyverns004g.jpg
20180526wyverns004h.jpg
20180526wyverns004i.jpg
翼を上げた状態で肩関節を後ろに捻ることが可能。

▼付け根の強度も一番頑丈
20180526wyverns004j.jpg

▼翼の比較
20180526wyverns002g.jpg

20180526wyverns003f.jpg

20180526wyverns004k.jpg

20180526wyverns005.jpg
20180526wyverns006.jpg



【 最後に。。。】

オフ会の様子を少しだけ

20180526LaQmtg01.jpg
今回のモニュメント?とーたん怪獣さん作RX-78
(SHOchanさん撮影)

▼もうひとつのメイン?
20180526LaQmtg02.jpg
りゅうせんさんの筋肉と戦国アストレイ
(あ!LaQじゃない。。。)
20180526LaQmtg03.jpg

▼かずたかパパさんの野球盤的なモデルたち
20180526LaQmtg06.jpg
ギミックの精工さにいちいち驚く。。。

▼オフ会の様子
20180526LaQmtg04.jpg
20180526LaQmtg05.jpg

余談ですが、
緒方先生(Prof. OGT)が
かずたかパパさんに執拗に絡んでいくのが面白かったww

みなさん、お疲れ様です。
またお会いしましょう!!
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2113: by Rain Bringer on 2018/07/14 at 10:31:51

オフ会すごいメンバーですね!
楽しそうだ

とーたん怪獣さん作RX-78
お台場に立っているガンダムかと
思いましたよ!!

▼このエントリーにコメントを残す