プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ハイイロオオカミ作り方解説

Gray_wolf01.jpg

大変長らくお待たせしました!
ハイイロオオカミ作り方解説です。
緒方先生のカバではないけど、殿堂upに限らず、
写真撮ってupするだけのモデルの場合、
実際には全部作ってないことが少なくありませんwww
今回のハイイロオオカミもそのひとつ。
作り方リクエストいただいたまでは良かったのですが、
作り方upする前に完成させなきゃならんという。。。
でもって「埋まってないとこだけ補完すれば完成!」なんて
安易に考えていたのですが、
組んでみると形状的に破綻している箇所なんかが見つかって、
「書いてある通りに組めない!!」なんてことになっていたり、、、
そのあたりを修正しつつ仕上げて、見た目にはほぼ変わらない内容でリファイン。
こうした事情により、ここでご紹介するハイイロオオカミは先の殿堂upのモデルと
ちょっとだけ違うところがあります。あらかじめご了承ください。

結構長いですが、一気に書き終えないと出来そうにないので、
最後までいっちゃいます!!

まずはこのモデルの最大のポイント顔のつくり方から!!

と、その前に、、、
「RBカラコン」について
この作品は青い目に仕上げておりますが、
LaQパーツには青いミニホイールがありません。
こちらについては「RBカラコン」という最終奥義を使用して着色しております。
RBカラコンについての詳しい説明は
ハイイロオオカミとRBカラコン」のペイジでご紹介しております。
こちらでご確認の上、お好きな目の色でお楽しみください。
▼RBカラコン使用例
RB_CLC06.jpg


■頭部
▼コアになるパーツ
Wolf2_up001.jpg
※予め、RBカラコンで着色した目を用意しておきます。

▼ちょっとずつ組み立てて、
Wolf2_up002.jpg

▼上の写真のパーツ全てを組み立てたところ
Wolf2_up004.jpg

▼延髄あたり?のパーツ
Wolf2_up005.jpg

▼No.7ジョイントの位置に注意!
Wolf2_up006.jpg

▼赤「」のところで接続します。
Wolf2_up007.jpg

▼接続した状態
Wolf2_up008.jpg

▼こめかみ辺りに植毛
Wolf2_up009.jpg

▼耳を作ります。
Wolf2_up010.jpg

▼後頭部で接続
Wolf2_up011.jpg

▼耳を付けた状態
Wolf2_up012.jpg

▼マスクと顎のパーツ
Wolf2_up013.jpg

▼マズルと下顎の取り付け
Wolf2_up014.jpg

▼鼻の取り付け
Wolf2_up015.jpg

Wolf2_up016.jpg

▼マスクを上から被せて脳天で接続
Wolf2_up017.jpg

▼頭部の完成!!
Wolf2_up018.jpg

▼喉元に黄緑のパーツを取り付ける。
Wolf2_up019.jpg

■頸部
Wolf2_up020.jpg

▼左右を合わせる
Wolf2_up021.jpg

▼黒とグレーで「フタ」になるパーツを用意しておく(No.1+No.6x2)。
Wolf2_up022.jpg

▼頭部と頸部の連結
Wolf2_up023.jpg
▲喉元に取り付けたパーツを頸部に通し、
▼上から「フタ」をして連結。
Wolf2_up024.jpg

Wolf2_up025.jpg
※とりあえずこの状態で置いておく。


■脚部
▼前脚(左右)
Wolf2_up031.jpg

▼後ろ脚(左右)
Wolf2_up032.jpg

▼つま先(同じ形状で4組用意する)
Wolf2_up033.jpg

Wolf2_up034.jpg

Wolf2_up035.jpg

▼右前脚
Wolf2_up036.jpg

▼肩の部分は左右対称に一対用意します。
Wolf2_up037.jpg

▼左前脚
Wolf2_up038.jpg
※右前脚との表情の違いにご注意!

▼右後ろ脚腿(クリックすると拡大できます)
Wolf2_up041.jpg

   ↓ 

Wolf2_up042.jpg

   ↓

Wolf2_up043.jpg

   ↓

Wolf2_up044.jpg

   ↓

Wolf2_up045.jpg
※左側は左右対称に作ります。

▼右後ろ脚(脛~踵・つま先)
Wolf2_up046.jpg
Wolf2_up047.jpg

▼腿に繋げた状態(内側・外側)
Wolf2_up048.jpg

▼股関節パーツ(左右対称に用意します)
Wolf2_up049.jpg
※上写真は右脚用セット

▼腿の付け根に差し込んで、
Wolf2_up050.jpg

※上下で三角の先が互い違いになるように挟む

Wolf2_up051.jpg

▼左右の写真(向かって左が右足、右が左足)を参考に一組用意する。
Wolf2_up032.jpg


■胴体
▼腹側:No.4の位置に注意して繋げる。
Wolf2_up61.jpg
※ここを間違えると後で胴体が閉じなくなる場合があります。

▼No.4の位置に注意しながら組み立てる。
Wolf2_up62.jpg

▼背側:ここでもNo.4の位置に注意!!
Wolf2_up63.jpg

Wolf2_up64.jpg

▼脇腹をフタする。
Wolf2_up65.jpg

▼しっぽ
Wolf2_up66.jpg
※No.7は接続用ではなく本体接続時のストッパー

▼胴体への取り付け
Wolf2_up67.jpg
※しっぽのストッパー:No.7 を胴体に挟み込む
    ↓
Wolf2_up68.jpg
    ↓
Wolf2_up69.jpg

▼背側に腹側を取り付ける
Wolf2_up70.jpg
※接続の向きに注意!

Wolf2_up71.jpg

▼接続した状態
Wolf2_up72.jpg

▼腹側のNo.4の箇所がせり上がっているのが分かる。
Wolf2_up73.jpg

▼脇パーツ(左右対称に一対用意する)
Wolf2_up74.jpg
Wolf2_up75.jpg

▼赤のところに取り付ける。
Wolf2_up76.jpg
Wolf2_up77.jpg
Wolf2_up78.jpg


■各部の接続
▼前脚の接続:赤の箇所で接続
Wolf2_up79.jpg

Wolf2_up80.jpg

▼後ろ脚の接続(ややコツが要ります)
Wolf2_up81.jpg

▼写真の箇所に入る指を突っ込みます(指が入らないことは想定してませんw)。
Wolf2_up82.jpg

▼体の側面からアプローチして、
Wolf2_up83.jpg
▲まずは下側赤を接続。突っ込んだ指で内側から加減しながら押します。
▼さらに上側黄緑に近づけ、
Wolf2_up84.jpg

▼挟み込むようにして接続。
Wolf2_up85.jpg

Wolf2_up86.jpg
※反対側も同じように取り付けます。

▼腿の上側をフタします。
Wolf2_up87.jpg

Wolf2_up88.jpg


▼頸の取り付け
Wolf2_up89.jpg

▼基部を挿し込んで箱綴じします。
Wolf2_up90.jpg

【完成!!】お疲れさまだアォ~ン!!
Wolf2_up000.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2091: by LaQ on 2018/05/16 at 14:59:58

ほんとに待っていましたこれが出るとは思いませんでした✌️

2092: by LaQ on 2018/05/16 at 15:13:14

v-19

2095:Re: タイトルなし by Ken01 on 2018/05/17 at 22:40:56

LaQさん、

コメントありがとうございます。

> ほんとに待っていましたこれが出るとは思いませんでした✌️

あら、そうですか?
基本的に出せるものは公開しますので、
リクエストがありましたら是非コメントください。

▼このエントリーにコメントを残す