プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

「オオムラサQ(オオムラサキ)」(LaQ芸術祭回顧録 =落選#12=)

芸術祭作品を順に小出しにしていこうと思っていましたが、
先日、『LaQで作るレッドデータアニマルズ』に写真が掲載されている、
「オオムラサキ」の作りかたについての問い合わせがありました。

さらに浅川さんのブログariana office infoにて、
ご丁寧に解説いただいておりましたので、

さすがに制作者ブログにも作り方とまではいかなくても、
もう少し詳細画像をupしておこうと思い、
順番を繰り上げてご紹介いたします。

実はこのオオムラサキ、もともとは2年以上前に作った芸術祭応募作品です。

DSCF7725bl.jpg
DSCF7726bl.jpg
DSCF7727bl.jpg
DSCF7729bl.jpg
DSCF7731bl.jpg
DSCF7732bl.jpg
DSCF7733bl.jpg
DSCF7734bl.jpg
DSCF7735bl.jpg

浅川さんのブログにもあったように、
オオムラサキの前足は退化して4本足に見えます。
これはオオムラサキを含むタテハチョウ科の特徴で、
脚としての機能は退化していますが、感覚器としての能力に特化しており、
ストローのような口(口吻)の両側に短く残った前足で味を感じることができます。
ハエなどの他の昆虫も前足で味を感じて食べ物にありつきます。

昆虫モデル制作の醍醐味は対象昆虫の特徴をよく調べ、観察し、
スケッチするのと同じように再現することだと思っており、
LaQは昆虫を再現するのにとてもよく合った素材だと思っています。
オオムラサキのおなかは、細く作るより、
ボリュームを持たせてボッテリ作ったほうが、リアルになります。

翅はこの通りに作る必要はありません。
図鑑やweb写真、もちろん本物を見ながら、自分なりにリアリティを出すのがポイントです。

O-musasa-Q_stamp.jpg

この作品は2010年3月に応募した12作目の落選作品だったのですが、
応募時の写真は実はこの上の写真、一枚だけ。
オオムラサキをそのまま出すよりもひねりを加えて切手にしてみました。
作品タイトルも『切手になった昆Q「オオムラサQ(オオムラサキ)」』。
ちなみにこの月には3作品を応募しており、
自分の作品の中からは「ザ・フライ」が入選しております。
(作品紹介はまたの機会に)

■オマケ

実は幼虫と翅を立てたバージョンもあります。

O-muarasaQ-018bl.jpg

O-murasaQ-047bl.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
246:No title by あさかわ on 2012/07/17 at 07:51:16

初見ですが、幼虫いいですね。

翅を閉じているバージョンも、
オオムラサキが翅を閉じていると格段に地味になるところが見事に再現されていて、
実にマニア向けですね~(褒め言葉)。

247:No title by Rain Bringer on 2012/07/17 at 23:38:34

色合いが綺麗ですね。

この作品も落選だなんて
レベル高過ぎですねぇ~

248:Re: No title by Ken01 on 2012/07/18 at 00:17:33

あさかわさん、

> 初見ですが、幼虫いいですね。

幼虫や蛹の作り分けも
昆虫モデルの楽しさのひとつです。

> 翅を閉じているバージョンも、
> オオムラサキが翅を閉じていると格段に地味になるところが見事に再現されていて、
> 実にマニア向けですね~(褒め言葉)。

あざす。
黄色のNo.3だけをびっしり並べて「蝶の鱗粉(拡大図)」なんていうモデル(?)もありますよ。

249:Re: No title by Ken01 on 2012/07/18 at 00:18:52

RBさん、

> 色合いが綺麗ですね。
>
> この作品も落選だなんて
> レベル高過ぎですねぇ~

同月の応募作品で自らコンペティター応募の「ザ・フライ」が入選しております。
この作品は最後の切手の画像一枚きりの応募なんですよ。

252:いいですねー by YASU on 2012/07/25 at 00:14:38

ken01さま

 オオムラサキ、羽の模様といい、腹部の構造といい、リアルですねー。裏羽を表現されるところもさすがです。
 昨年広島県府中市での、オオムラサキの放蝶会に行ったのですが、オオムラサキはやはり年々減少しているそうです。近縁種のゴマダラチョウに比べ、幼虫が空気の汚れに弱いそうです。日本の国蝶、守りたいですね。

256:Re: いいですねー by Ken01 on 2012/07/31 at 02:08:23

YASUさま、

コメントいただきありがとうございます。

>  昨年広島県府中市での、オオムラサキの放蝶会に行ったのですが、オオムラサキはやはり年々減少しているそうです。近縁種のゴマダラチョウに比べ、幼虫が空気の汚れに弱いそうです。日本の国蝶、守りたいですね。

岐阜にある実家から
いやぁ本格的ですね。あたりはギフチョウウォッチングには行ったことがありますが、
実はオオムラサキは図鑑を眺めるばかりなんですよ。

▼このエントリーにコメントを残す