プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ヨーロッパ紀行2016Nov - イタリア編 Part II -

COSMO food展示会を午前中で切り上げ、
午後から向かった先は、
ヴィチェンツァ駅から電車で1時間ほど先のバッサーノ・デル・グラッパ

bl161203DSC_0157_1.jpg

バッサーノ・デル・グラッパはヴィチェンツァ県内の都市で、
ヴィチェンツァはイタリアの北東部、ヴェネト州にあります。
個人的に、ヴェネト州の風景はイタリア国内でも美しい地域だと思います。

街並みがとても可愛らしい。

bl161203DSC_0163_1.jpg
bl161203DSC_0165_1.jpg

11月になると、街のあちこちでクリスマスの準備が始まる。

bl161203DSC_0170_1.jpg
bl161203DSC_0174_1.jpg
bl161203DSC_0185_1.jpg
bl161203DSC_0186_1.jpg

バッサーノ・デル・グラッパの特産品は蒸留酒のグラッパ。
グラッパというのはワインを作ったときに出る、
ぶどうの搾りかすから作られたブランデーのことです。
原料や作り方が同じでもフランスでは「マール」と呼ばれます。

「グラッパ」という名前はこの町の名前が先なのか?
蒸留酒のグラッパが先なのかはどうやら曖昧のよう。。。

そんな中にグラッパの大手メーカーPOLI(ポリ)の博物館があります。

bl161203DSC_0197_1.jpg

入り口は建物の一角で街の風景に溶け込んでいる。

今はすでに使われていない、銅製の蒸留器具などを多数展示。
bl161203DSC_0200_1.jpg
bl161203DSC_0208_1.jpg
蒸留器はその形状から生き物に例えられています。
pellicano(ペリカーノ):ペリカン
orso(オルソ):クマ
tartaruga(タルタルーガ):カメ
idora dalle sette teste(イドラ・ダッレ・セッテ・テステ):7ツ首のヒドラ(ドラゴン)

bl161203DSC_0213_1.jpg
bl161203DSC_0221.jpg


bl161203DSC_0226.jpg


bl161203DSC_0232.jpg
キノコの山のような街路樹
その正体は、、、

bl161203DSC_0236.jpg
ナント、柊?!!



bl161203DSC_0237.jpg
シクラメン

オッサレ~!!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1622:なぜにその街路樹www by おりおりパパ on 2016/12/17 at 12:25:22

イタリアの街並みはほんとにどこに行っても
ステキですよね!
でも今の居住環境を外観を保ったまま
内部だけを変えたりするところもあるって聞いて
あぁ~イタリアの建築の仕事はしたくないなぁ~
って心から思いましたwww

電柱を立てないのはほんとステキぎる!

街路樹、あえてキノコ型にする意味あるんかっ!
そ、それも景観なんだろうなぁ~

1628:Re: なぜにその街路樹www by Ken01 on 2016/12/18 at 00:08:15

おりパパ殿

> イタリアの街並みはほんとにどこに行っても
> ステキですよね!

イタリアもそうですけど、
今回はスペインの街並みがとても良かった。
いずれにしても、ヨーロッパの街並みは、
どこもかなり景観を意識しているように思いますね。

> 街路樹、あえてキノコ型にする意味あるんかっ!
> そ、それも景観なんだろうなぁ~

欧米人のデザインにはどこか子供っぽい遊び心がありながら、
全体としてはハイセンスに仕上がってるんですよね。

▼このエントリーにコメントを残す