プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

FF VIIでは…チョコボレースにハマってクリアできへんかったタイプ

自分で言うのもなんですが、
結構凝り性なので、要らんものにスグハマります。

今ではすっかりゲームもしなくなりましたが、
昔は自分でも呆れるほどのゲーマーで、
ゲームボーイ(白黒ディスプレイ)に始まり、
スーファミ、プレステ、ドリキャス、セガサターン、、、と
結構手当たり次第でした。。。

で、もう20年ほど前にもなるのか、
スクエア(現:スクウェア・エニックス)から発売された
ファイナルファンタジーVII(FFセブン)、
シリーズ初、ゲーム内にミニゲームとして
「チョコボレース」なるチョコボ育成シミュレーションが登場。

Cfe5LpBWcAAF5kT.jpg
▲写真は『LaQ恐竜図鑑』より、「ガストルニス」

ゲームそっちのけでハマってしまい、
育成シミュレーションのサガか、エンドレスに遊べてしまうため、
すでにシナリオをどこまで進めたのかも分からず、
それっきりFFをプレイすることは無くなってしまった。。。

実は6年ほど前の単身赴任(=ヨシリツ転職)以来、
おりパパに触発されて読書を始めたのですが、
ここ最近ビタ止まり。。。


その原因が、、、実はコチラ。


IMG_0482bl.jpg


実はコレ、3ヶ月ほど前から
ものすごく序盤(20%くらいのあたり)で読みかけですorz


タイトル帯にもある通り、
この前作に
『君の膵臓をたべたい』っていうデビュー作があって、
それは難なくクリアしたのですが、
実はこの2作の共通項として登場するのが、


『星の王子さま』(フランス語原題:Le Petit Prince、英語: The Little Prince)


前作の『君の膵臓・・・』では、
知ってはいるけど読んだことのない世界の名作として登場。
今作では主人公がその内容について触れるシーンがあり、
同じく『星の王子様』を読んだことのない僕としては気になって仕方が無い。。。


外国文学についていつも思うことなのですが、
当然のことながら日本語版には訳者さんがいらっしゃって、
いろんな方がいろんな訳し方をされるので、
「訳者さんによって伝わるニュアンスがちょっとずつ違うのってしんどいな」とか、
「ここ日本語でダジャレになってるけど言語でどうなってるんだろ?」とか、、、


『星の王子さま』の原作者が
サン=テグジュペリというフランス人なのは、
知識として知っていましたが、
執筆されたのは大戦真っただ中で、
1943年
フランスに先駆けて英語版が出版されたのがこの本の始まりだそうです。


そこで、、、


とりあえず英語版から読み始めましたw

IMG_0490bl.jpg

でもってその後フランス語版ww

読んでて思ったんですけど、
ストリーぶっ飛んでますねw
これはいろんな日本語訳があっても仕方ない。。。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す