プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

続・LaQ昆虫図鑑

今月1日に発売され、絶賛発売中の『LaQ昆虫図鑑』
61u22R6N59L.jpg
紹介作例100以上の見応えたっぷりの内容です。

発売以来、ツイッターでも掲載作例のコピーやカスタマイズにはじまり、
クオリティの高いオリジナル昆虫モデルがupされています。

今回はテテマリさん、LaQ一代男さんにご協力いただき、
作例紹介させていただきます。

まずはやったらカッコイイ、
ネプチューンオオカブトのグレーバージョン
tetemari001.jpg
飛翔モードはテテマリさんアレンジ。
翅の形状など参考になりますね!
ちなみにオリジナルの黒バージョンの作り方は
『LaQ昆虫図鑑』で紹介されています!!

そして、
tetemari002.jpg
蝶や蛾のモデルっていうのは作りだすと思った以上にハマります!!
それまで蛾や蝶にそれほど愛着なくても、
作ってるうちにもの凄く好きになりますよww

やはり『LaQ昆虫図鑑』作例からカブトムシとミヤマクワガタ
tetemari003.jpg
カブトムシは作り方が紹介されており、
ミヤマクワガタはノコギリクワガタの作り方を参考にしつつ、
分解画像で再現できるよう配慮されています。

▼そしてコチラ
tetemari004.jpg
書籍掲載モデル「ヤスデ」をヒントにアレンジされた
テテマリさんオリジナル。
詳細はテテマリさんのブログにて。


ここからさきはLaQ一代男さんの作品。

LaQichidaikotoko004.jpg
これはすごいボリュームです。
しかも可動モデルとは、、、
昆虫の飛翔形態っていうのはやっぱりカッコイイですね。

LaQichidaikotoko003.jpg
こちらのオニヤンマもオリジナリティ高いですね。
書籍掲載モデルもすごいと思いましたが、
翅の付き方(まさかの可動??!)とかマスクの表現とか
こちらもヤバイカッコ良さです。

LaQichidaikotoko001.jpg
ヤブキリのオス選択というのがシブイですねw
昆虫モデルはこういう雌雄の作り分けも面白さのひとつです。

最後に、、、
LaQichidaikotoko002.jpg
いやぁ、コレヤバイ!カッコイイわ。
正直昆虫モデルの可動ってあまり考えていなくて、
しんじさんの専売特許だと思っていましたが、
ホントよくできています。
アングルや写真の撮り方も良いですね。。。

他にもやらなアカンことあるのに、
LaQ昆虫が気になって仕方がない今日この頃。。。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1501:ご紹介頂きありがとうございます by テテマリ on 2016/07/16 at 20:43:03

まさか全部ご紹介下さっているなんて夢にも思わず、お気遣いありがとうございますー(涙

蛾の魅力は作ると・・・あるあるですね!
私も本気で好きになったのは大人になってから。
子供の頃はカイコの成虫のずんぐり胴が気持ち悪かったし、オオスカシバを蜂だと思い込み逃げ回ってましたw
作るために調べてると大抵のものは大好きになっちゃいますね♪

1503: by しんじ on 2016/07/16 at 21:54:16

最近は、浅川さんの本が次々と出て、可動モデルも増えてますね。羽広げる昆虫は、作ろうと思ってたんですが、LaQ一代男さんの可動クワガタ見て、どんな作品を作るか悩み中。もちろん、うれしい悩み。

1504:Re: ご紹介頂きありがとうございます by Ken01 on 2016/07/16 at 23:14:40

テテマリさん、

このたびはブログ掲載にご快諾いただきありがとうございます。

> まさか全部ご紹介下さっているなんて夢にも思わず、お気遣いありがとうございますー(涙

テテマリさんのツイッターは
キレイに教科書そのものというか、

掲載作例のコピー
 ↓
アレンジ
 ↓
オリジナル(作例応用)

ていうステップアップ式なので、
全ての作例に意味があるんですよねww


> 蛾の魅力は作ると・・・あるあるですね!
> 私も本気で好きになったのは大人になってから。
> 子供の頃はカイコの成虫のずんぐり胴が気持ち悪かったし、オオスカシバを蜂だと思い込み逃げ回ってましたw
> 作るために調べてると大抵のものは大好きになっちゃいますね♪

あの櫛形のヒゲ、タテハチョウ科の退化した前肢、
複眼の形状、そして前後・表裏・春夏で変わる翅の色や模様、、、
こんなに表情豊かな昆虫はなかなかいませんね。。。

1505:感激です。有難うございます。 by LaQ一代男 母 on 2016/07/16 at 23:17:29

ご紹介いただき、有難うございます。Ken01さんに作品を評価していただき、感激で、本当に感無量です(私が作ったわけじゃないというのがツライところですが。。)
クワガタはかなり頑張っていたので、親としては努力賞をあげたいです。
あとは作品にもう少し愛嬌というか遊び心があっても、、という感じでしょうかww(私が言ったら、怒るだろうなぁ)
オニヤンマは、羽可動です。息子は作ったモデルでごっこ遊びをするので、付け替えは手間でイヤなようですw
最近は虫捕り、LaQ昆虫図鑑で忙しくて、息子のオリジナル作品を見ていません。
更に夏休みスペシャルでディノキングダム購入したら、益々見れなくなりそうですねww

ありがとうございました。

1507:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/07/16 at 23:21:51

しんじさん、

> 最近は、浅川さんの本が次々と出て、可動モデルも増えてますね。

可動によるプロポーションupていう作り方は最近のトレンドですw
とはいえ、可動モデルの祖といえば、
やっぱしんじさんですねww

> 羽広げる昆虫は、作ろうと思ってたんですが、LaQ一代男さんの可動クワガタ見て、どんな作品を作るか悩み中。もちろん、うれしい悩み。

飛翔昆虫はやっぱりカッコイイですね。
それにしてもLaQ一代男さんの作品、
ヤバイクオリティですよね。。。

1508:Re: 感激です。有難うございます。 by Ken01 on 2016/07/16 at 23:29:54

LaQ一代男 母 様、

コメントいただきありがとうございます。

このたびはブログ掲載にご快諾いただきありがとうございます。
LaQ一代男さんにもよろしくお伝えください。

> クワガタはかなり頑張っていたので、親としては努力賞をあげたいです。

クワガタの頑張りようはひしひしと伝わってくるので良く分かります!
正直、この若さ?でここまで作り込むことができるのは信じられないくらいです!
作品のクオリティが作例を重ねるたびに成長しているようにも思えて
空恐ろしいくらいですw

> あとは作品にもう少し愛嬌というか遊び心があっても、、という感じでしょうかww(私が言ったら、怒るだろうなぁ)

ご本人はいたって真剣なんでしょうねw
そこは若さゆえの真摯さってことでww

> オニヤンマは、羽可動です。息子は作ったモデルでごっこ遊びをするので、付け替えは手間でイヤなようですw
> 最近は虫捕り、LaQ昆虫図鑑で忙しくて、息子のオリジナル作品を見ていません。
> 更に夏休みスペシャルでディノキングダム購入したら、益々見れなくなりそうですねww
>
> ありがとうございました。

いやぁ、本当にスゴイです。
驚きです!!
こちらこそありがとうございます。

1509:管理人のみ閲覧できます by on 2016/07/17 at 16:25:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1510:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/07/18 at 21:15:42

takoさん、

コメントありがとうございます。
コメントいただいたときに管理人のみの閲覧になっていたので、
どう返したものか、、、間違えたのかしら?
なんて思ったのですが、
テテマリさんところにも同じようにコメントされてるっぽかったので(?)、
思い切ってこちらで返信w

フフフ、「海賊団」ね。
takoさんは僕の中ではサボさんあたりの印象かなw
かつてのライトウィングさん(知る人ぞ知るペルセウスの作者)がエースで
takoさんがサボ??(僕にしか分からんよなwww)
いずれにしてもケタ外れの実力者ですからね。

LaQにもどんどん新しい世代が入ってきて、
いろんなムーブメントが起こっていくのかもねw

1513: by tako on 2016/07/20 at 00:24:49

ややこしいコメントで申し訳なかったです。自分の立ち位置はバルトロメオ!? 網戸のようなバリアーが得意っぽいやつです。

1514:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/07/21 at 05:42:46

takoさん、

コメントありがとうござます。
かえって起き遣いいただいて申し訳ない。
すごく良いコメントだったので、
一般の目に曝したかったのだけど、
それは思いとどめておきましたw

> ややこしいコメントで申し訳なかったです。自分の立ち位置はバルトロメオ!? 
> 網戸のようなバリアーが得意っぽいやつです。

あぁ、なるほどね、バトルロメオか
良いとこ持ってきましたね。
でもやっぱりtakoさんイメージはもっとスマートなので、
サボよりもバトルロメオよりもトラ男君かなww

1517: by プラネタリウム on 2016/07/29 at 16:51:15

すみません。コメントが多くて。
えっと「LaQ昆虫図鑑」に続いて、「LaQ動物ランド」が発売されるそうです。小学館・絵本ナビ・ヨドバシ・Amazon・楽天・TSUTAYAなどで紹介しています。発売日は8月26日だそう。

はっ。値段が。メカニックブックと同じ1300円+税。

1518:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/08/01 at 06:33:20

プラネタリウムさん、

> えっと「LaQ昆虫図鑑」に続いて、「LaQ動物ランド」が発売されるそうです。

え?あ、そうなんですね。
ナニナニ、「動物園の人気者、コアラやゾウ、チンパンジーたちのほか、かわいい動物や恐竜などの平面・立体モデルがLaQで作れる本です。・・・」
ほほぉナルホド。

> はっ。値段が。メカニックブックと同じ1300円+税。

パーツ付きのムックシリーズですね。
だいたいどんなのか分かりましたよw
情報提供、ありがとうございます!!

1527: by プラネタリウム on 2016/08/22 at 09:34:48

「LaQ動物ランド」の画像が公開されました。
カメレオンがかわいい・・・でもこのくらいなら作り方を見なくても作れそうです。
ウサギ・ゾウ・ブルドッグの顔が面白い作り方です。
まだホームページでは公開されてませんが、画像はどこでも見れるようになっています。

1529: by プラネタリウム on 2016/08/22 at 18:51:59

ホームページで商品紹介ページが公開されました!!

ホームページに「小学館-商品紹介ページ」と書いてあります。なぜだろう...

出版社が小学館でした...

1530:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/08/25 at 00:38:06

プラネタリウムさん、

> 「LaQ動物ランド」の画像が公開されました。

さっそくの情報、ありがとうございます。

> カメレオンがかわいい・・・でもこのくらいなら作り方を見なくても作れそうです。

ムムム、これはあれですね。舌出しギミック付きのヤツですねw

> ウサギ・ゾウ・ブルドッグの顔が面白い作り方です。

一瞬どれだか分かりませんでしたが、
ナルホド、球体動物シリーズ、ありそうでなかったかもですね。

1532:Re: タイトルなし by Ken01 on 2016/08/25 at 00:43:14

プラネタリウムさん、

> ホームページで商品紹介ページが公開されました!!
>
> ホームページに「小学館-商品紹介ページ」と書いてあります。なぜだろう...
>
> 出版社が小学館でした...

LaQ本は必ずどこかの出版社から出ていますので、
今回は小学館出版なんでしょう。
小学館のペイジに紹介ペイジがあるので、
そちらにもリンクをはっているのでしょうね。

▼このエントリーにコメントを残す