プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ビルドアップ・ロボの軌跡

先日の「どぉなってるの?ビルドアップ・ロボ」のコメ返を
みなさんにまとめてお返ししようと思って書きだしたのは良いのだけど、
文章が長すぎることに結構早い段階で気づき、

「うん、コレ、ブログ記事にした方が見やすいな。」
ってことでupさせていただきます。

(長いですよw)

▼コレ、ビルドアップ・ロボのポスター画像
build_pos_b_ol.jpg
1.76Mあります。1240x1756サイズ:壁紙にw

はじめのブログupのときにも書きましたが、
ビルドアップ・ロボ=ラピス(1号機)のラフモデルが
(裸婦モデルではないw)が出来上がったのは、
2013年11月頃のこと。

ときはまさに、
LaQ殿堂では「ギミック・ロボ!」旋風
(byしゅうくんとやっくんのおとうさんさん)の真っただ中。
正直、ド肝を抜かれました。

gimikkurobo.jpg

毎週繰り出されるヤバいクオリティ。
「なんて勢いでなんてものを作り続けてくるんだこの人は・・・」
それまでのギミックモデルもあり得ないハイクオリティと
高い独創性で魅力あるモデルを作りだしてきていて、
尚且つ毎回繰り出してくるアレンジがスんバラシイ。

正直、白旗上げてる心の中で、
一方ではこういう気持ちもありました。

「この作品はこの人がスゴイから(色んな意味で)できるんだよな。。。」
「きっとこのモデルを作りたい子はたくさんいるだろう。」
「これがLaQ商品として<買いやすい価格>で
 世に出たらみんな喜ぶだろう。。。」

でも、それはきっと叶わない。。。

それは一重に商品としてのLaQがもつジレンマ。
このモデルをそのままお求めやすい価格で商品化するなんてムリ。

だったらもっと庶民に手の届くモデルを作ろう!
というのがそもそもの発端。。。
そのための最初の条件が
「できるだけ小さく(商品化できる程度の少パーツ)で可動ロボを作る」
「それもできるだけキャラクタ性の高い愛玩ロボ」
でしたw

つづく。。。

え!?続くのかよ!
  Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1208: by YASU on 2015/09/08 at 12:29:16

そうか~、原点はそこにあったのか!ラキュー界におけるあの方の存在感をあらためて感じております。

1209:Re: タイトルなし by Ken01 on 2015/09/13 at 17:48:49

YASUさん、

> そうか~、原点はそこにあったのか!ラキュー界におけるあの方の存在感をあらためて感じております。

LaQ作品のレベルというのは、きっとここ数年で切磋琢磨されてきたんでしょうね。
ビルドアップ・ロボの原点はいろんなところにあって、おとうさんさんの「ギミック・ロボ!」軍団で一気に焚きつけられたんだと思います。

1210: by YASU on 2015/09/14 at 12:30:49

そうですね。初代ハカセ、浅川さん、しんじさん、現ハカセ、ヨシリツスタッフの皆さん、幾多の芸術祭参加者等によって、長い年月をかけて、ロボットタイプのギミックの歴史は築かれてますもんね。

1211:Re: タイトルなし by Ken01 on 2015/09/14 at 23:38:28

YASUさん、

> そうですね。初代ハカセ、浅川さん、しんじさん、現ハカセ、ヨシリツスタッフの皆さん、幾多の芸術祭参加者等によって、長い年月をかけて、ロボットタイプのギミックの歴史は築かれてますもんね。

そうなんですよね。
驚くべきは初代ハカセのクオリティが群を抜いていて、そのアーカイブデータが未だに最先端モデルとして通用する点ですね。そして今、可変型ロボットモデルビルダーNCBコウくんやリアルホビー造形師takoさんのような稀代の天才モデラーが出現するに至っています。

1212: by Rain Bringer on 2015/09/15 at 23:40:29

なるほど
始まりが知れて感激しています。

「ビルドアップロボ製作物語」のはじまりですね!
物語楽しみにしています。

▼このエントリーにコメントを残す