プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

武士道16、17、18

誉田哲也の武士道シリーズ

武士道シックスティーン(2007年7月 文藝春秋 / 2010年2月 文春文庫)
武士道セブンティーン(2008年7月 文藝春秋 / 2011年2月 文春文庫)
武士道エイティーン(2009年7月 文藝春秋 / 2012年2月 文春文庫)
<wikiより引用>
を読みました。

bushido.jpg

読書の師、おりパパに倣って海堂作品を読み漁って3年余が経ち、
持っているのに未だに読んでいない『玉村警部補の災難』を除いて、
ほぼ全ての「桜の宮サーガ」を読み終え、
さすがに今は次回作を待つ身となっております。

その後は『探偵ガリレオ』シリーズの東野圭吾、
『半沢シリーズ』の池井戸潤、
逢坂剛の『百舌(MOZU)シリーズ』、
今野敏の『ST 警視庁科学特捜班』シリーズをはじめ、
『舟を編む』、『永遠の0』、『すべてがFになる』、『県庁おもてなし課』など、
いずれも映像化されたメディアミックス作品を
かなりミーハーに舐めまわしておりました。

そんな中で最近ハマっているのが
『ジウ』、『ストロベリーナイト』等で知られる、誉田哲也作品。

『武士道シックスティーン』は2010年に
成海璃子、北乃きいのW主演で映画化されており、
存在自体は以前から知っていましたが、
実は三部作であることに気付くのに結構時間がかかりましたw

時系列的に、劇場公開時には既に三部作として世に出ていたのですが、
書店で見かけるたびに
「あれ?この作品ってセブンティーンだっけ?
 シックスティーンじゃなかったっけ?」
「表紙も青かったかな?赤くなかったっけ?」
みたいなボケっぷりでしたwww

さらに、
作者が『ストロベリーナイト』と同じ誉田哲也であることが意外!!

bushido_DVD.jpg

作品紹介でも「誉田作品で、誰も死なない異色小説」、
「著者初の人が一人も死なない小説」みたいな書き方をされていて、
あの、表現があまりにリアルで酷く、
読んでるだけで目を背けたくなるような作風とは180度違う、
完全な熱血青春スポ魂作品。

主人公である磯山香織は
般若の刺繍の入った竹刀袋を常に持ち歩く剣道少女。
宮本武蔵に傾倒し、学校の昼休みには
アルミホイルに包んだおにぎりを齧りながら『五輪書』を読み、
隙あらば授業中でも鉄アレイでトレーニングという熱血剣道バカ。
真の天才は同時に努力の天才でもあるというスポ魂の王道キャラ。
対してもう一人の主人公、甲本(西荻)早苗は、
学校の部活に「日舞」が無かったから、
という理由で剣道を始めた全くの初心者。
勝ち負けにこだわることなく、純粋に剣道を楽しみたいという
「お気楽不動心」の持ち主で、
磯山が全中決勝の憂さ晴らしに参加していた市民大会の三回戦
(早苗にとっての四回戦)で、
うっかり(?)磯山に一本勝ちしてしまったところから物語が始まります。

いつも神経擦り減らすような殺人ストーリーばかりに疲れていたのか、
実にリーダビリティの高い爽快なストーリー。
三部作はタイトルの通り、それぞれが高校の一年、二年、三年に当たるため、
やはりこの順に読んで欲しいですが、どれをとっても面白く、遜色ありません。
三作目の『エイティーン』は三部作のラストに相応しく、
ストーリーの「エピソード0」などが含まれる内容で、
全てのストーリーが一つに繋がっていきます。

『エイティーン』文庫版の解説には有川浩さんが担当されていて、
あるいは武士道三部作アフターとのフラグがあるものの、
『シックスティーン』は中古でも多く出回っているのに、
『セブンティーン』になるとかなり数が減り、
『エイティーン』にいたっては新品を購入しましたが、
2012年の初版本。
個人的にはセブンティーン以降の劇場版も同じキャストで作って欲しかった
(時間が経てば経つほど厳しくなるなぁ)。

現在は中一の長男(僕より読書スピードが速い)が
『セブンティーン』を読んでいますが、オススメです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1158:これは以前読んだかことあるかも? by おりおりパパ on 2015/05/09 at 12:08:40

コミックでありませんでした?武士道シックスティーン。
なんか読んだ覚えが?その漫画で主人公の女の子が
般若の竹刀ケース?を持ってた気が・・・・

ちょっと最近いろいろとバタバタしていろんなことが
できてなかったので久しぶりに読書の鬼にでもなろうかな・・・

1159:Re: これは以前読んだかことあるかも? by Ken01 on 2015/05/10 at 08:05:27

おりパパ殿

> コミックでありませんでした?武士道シックスティーン。
> なんか読んだ覚えが?その漫画で主人公の女の子が
> 般若の竹刀ケース?を持ってた気が・・・・

さすがはお師匠。
コミック版ありますよ。読んでいませんが。。。
カバーイラストの髪の色が赤や青なので、
「う~ん。。。」と思っていたり。。。

> ちょっと最近いろいろとバタバタしていろんなことが
> できてなかったので久しぶりに読書の鬼にでもなろうかな・・・

読書の鬼、、、
まさかリストウェイト付けて、
空気椅子の体勢で読書したりとかするわけじゃ。。。

▼このエントリーにコメントを残す