プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

ごめんねジロー(LaQフェスタレポート LaQ王戦編 その2)

【LaQ王】ファイナル王座決定戦レポート続編です。

■エントリーNo.5:NCBコウさん(14歳)
『変形昆虫』
2015mejinsen05.jpg
『LaQ超スーパーテクニック』に掲載されててもおかしくない
変形昆虫モデルx2タイプ!!
(ヘリカブト+フォークワガタ:勝手に命名w)
制作過程を拝見させていただきましたが、
NCBコウさんとは、おそらく感性や直感で、
見えている完成形を作るタイプなんだと思います。
タッグマッチであるにも関わらず、
ほぼ一人で自分テイストの作品をまっしぐらに作り上げる様子は
さながらエンジニア。

そんなNCBコウさんのチャンピオン受賞作品は
『NCR-Σ 麒麟』
14Cg3-1.jpg
ロボットからブルドーザーに完全変形!
NCBコウさんの昨年の活躍には目覚ましいものがあり、
実際のところ、
どの作品でチャンピオンorグランドチャンピオンを獲得するのか?
くらいに思っていました。
個人的には昨年5月の『NCR-ββ Re-バーシ』推しでしたが、
現実的に分かりやすいモチーフの方がウケが良いのかもしれません。
(そういや、NCRってどういう意味なんだろ?)

■エントリーNo.6:カイちゃんさん(10歳)
『人の進化』
2015mejinsen06.jpg
会場内でもひときわ元気で楽しんでいた様子が印象的。
ほとんどのファイナリストが大人+子供のタッグチームだったのに、
おそらくは弟(?もしかして双子かも?)とのチビッ子タッグ!
作品自体もテーマをよく抑えたとても分かりやすい内容で好印象です。

そんなカイちゃんさんのチャンピオン受賞作品は
『錯視の箱』
14Cjr4-1.jpg
この作品ってなんていうかとってもアダルトで
インテリジェンスを感じさせる印象だったので、
作者があの「カイちゃん」さんだったことに改めて驚き!
ただのスーパー元気なチビッコ小学生だとばかり思っていましたが、、、

■エントリーNo.7:SORA(そら)さん(5・37歳)
『ザトウクジラのバブルネットフィーディング』
2015mejinsen07.jpg
お隣のカイちゃんさんチームに負けず劣らず、
こちらもエネルギッシュな親子タッグ。
LaQチョウタイの僕ちゃんに、ごくフツーのママさんかと思いきや。
その制作スピードと内容の濃さは圧巻。
作り上げたのは作品だけでなく、モデルを使ったストーリー。
健気に解説する5歳児のトークは胸アツです。

そんなSORA(そら)さんのチャンピオン受賞作品は
『LaQシアター』
14Cg4-3.jpg
おそらく、単にモデルを作るだけでなく、
その背景にあるストーリーをモデルで再現するというのが、
このチームのコンセプトなのでしょう。
今にも語りだしそうなモデルはとても魅力的です。

■エントリーNo.8:Sintaさん(11歳)
『もうすぐ赤ちゃん』
2015mejinsen08.jpg
このモデルに付いては後ほど改めて触れますが、
決定戦対策を十分考慮し、実に緻密に計算されています。
写真では確認しづらいですが、単なるカニモデルではなく、
そのお腹にはカニの子が、、、
固定モデルかと思いきや、実はハサミが可動というギミック付き。

そんなSintaさんのチャンピオン受賞作品は
『つばめの子育て!』
14Cjr5-1.jpg
今さらながらに親子テーマ繋がりなのに気付きました!
デフォルメ感とアングルが素晴らしい。
鳥の翼の表現って案外難しいものですが、
とてもキレイに表現されています。
巣の表現もとても良い雰囲気でGoodです!

■エントリーNo.9:トラトラおやじさん(34歳)
『甲羅にこもるカメ』
2015mejinsen09.jpg
トラトラおやじさんの第一印象って「おやじ」って名乗るくらいだから
おっさんなんだと思っていましたが、「若い!」
そりゃ34歳なんだからそれなりに若いでしょっ!!
てそれはさておき(ちなみに僕ぁ、今年で43ス)、、
作品はこれまた『LaQ超スーパーテクニック』に掲載されてそうな
プロテクトモードに完全変形するカメモデル。
ダジャレだけではない、本気おやじモードが垣間見えます。

そんなトラトラおやじさんのチャンピオン受賞作品は
『非常口の人』
14Cg5-1.jpg
トラトラおやじさんの真骨頂って、「なんなんですかそれ?」
ってツッコミたくなるようなムダを
敢えて表現するとこなんだと思う(褒めてますw)。
だってフツーはできないっていうかやらないですもん。
人が作らないようなものをわざわざ作る。
その着眼点には呆れを通り越して敬意を表します。

まだまだ続くよ!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1123:かいちゃんさん&トラトラおやじさん by YASU on 2015/04/14 at 23:06:07

 かいちゃんさんご一家とはフェスタの懇親会で同席、長男と同じ新小6の双子さんでした。皆さん楽しくて優しくて素敵なご家族でした。また再会したいご一家です。
 私も大ファンのトラトラおやじさん、阪神ファンのこってりオヤジ、というイメージ(勝手にすみません)とは違い、飄々としたお兄さん、という感じでしたね。
 「毎回アイディア凄いですね」と話かけたところ、「え~、褒められるなんて」と実に謙虚な方でした。

1130:Re: かいちゃんさん&トラトラおやじさん by Ken01 on 2015/04/15 at 13:14:44

YASUさん、

いろんな方とお話されたのですね。
今回、僕ぁ、なんとなく、
あまりみなさんと積極的にお近づきになれなかったので、
ちょっと消化不良気味。。。

とらとらおやじさん、あの方はかなりの実力者ですね。
あれだけの技を持ちながら、
敢えておちゃらけた作品ばかり作ってカモフラージュしているw
かつてのジ~ジさんに最も近い存在かもね!

▼このエントリーにコメントを残す