プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

姪っ子のなぎなたインターハイ

現在高校二年生の姪っ子のインターハイ応援に行ってきました。
会場は東京武道館

IMG_2486bl.jpg

「武道館」って名前はよく聞きますが、
いわゆるライブとかイベントとかで有名なのは「日本武道館」で全くの別物
って知らんかったわ。キャパも全然違うやん。
てゆうか、そういや大学の入学式って日本武道館やったわ。。。

それはさておき

姪っ子の参加競技は「なぎなた」
奈良で生まれ育った風土にも影響されて小さな頃からやっています。
身内に競技者がいないとなかなか身近に感じる機会もないですよねw

「なぎなた」は「薙刀」と書きますが、競技種目としての武道は
「なぎなた」とひらがなで書くようです。ちなみに「全日本なぎなた連盟」もひらがな。

「なぎなた」競技には大きく分けて
「演技」と「試合」の2種類があります。

■1.演技
IMG_4358bl.jpg
合計八本ある演技の型を二人一組、しかけと応じで行う。
一回の試合に行う演技は3本と決まっており、それは一年ごとに変わる。
高校生までは一~五本目の内の三本、それ以上は一~八本目までのうち三本を行う。

姪っ子は試合よりも寧ろこの演技が得意。
昨年は高校1年生ながら、3年生の先輩とペアを組んでインターハイを制覇しております。
今年も昨年に続く関東大会二連覇でインターハイに臨んだのですが、、、

■2.試合
IMG_4373bl.jpg
剣道の試合と同じように防具を装着して実際に打ち合う「試合」。
3分間で二本先取した方が勝ちといういたってシンプルなルール。
剣道との違いは脛にも防具があるところ。
有効打突にももちろん「脛」というのがある。

■演技の結果、、、
IMG_4355bl.jpg
昨年の優勝から今年はディフェンディングチャンピオンとしての出場であったにもかかわらず、
なんとIH予選でまさかの一回戦敗退!!!?
その対戦相手が今年の優勝者となったのがせめてもの救いですが。。。
勝負の世界は誠に厳しい。。。

■試合(個人競技)
IMG_4374bl.jpg
三人グループの予選ブロックで三人ともに一勝一敗という三すくみ状態
この結果から決勝トーナメントへの選出方法が三つ巴戦に。。。

IMG_4407bl.jpg

薙刀は剣道と異なり、武具を体に対して平行に構えるため、
左右のどちらかに体が開きます(逆胴ができない)。
間合いが長いため、体当たりや鍔迫り合いのような場面がありません。

最近の試合はどうか良く分かりませんが、
何より剣道と大きく違うのは声援の数。
剣道は基本的に声を上げて応援したりしない(ハズ)ですが、
なぎなたの試合では他のスポーツ同様、
始終黄色い声援に野太い声が飛び交います。
独特の声援として「いいトコぉぉぉ~!!!」というのがあり、
一本にならないまでも良い当たり、惜しい当たりなどに対して使います。
対戦相手や審判に対してプレッシャーを与える目的もあるみたいですね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す