プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

みんな大好き!絶品めちゃうまカルボナーラ(ローマ風)

今回は
みんな大好き!絶品めちゃうまカルボナーラ(ローマ風)
レシピ&作り方を大公開!!(*´∀`)ゞイヤ~テレますね。

<材料>(4人前:パスタ320g分)
グアンチャーレ:80g
ペコリーノ・ロマーノ:80g
黒胡椒:適宜(できればホールを挽いて)
卵(全卵):4個
生クリーム(お好みで):少々(40ccくらい)
スパゲッティ(乾麺):320g

20100922090832[1]
↑これが全ての材料

<作り方>
1)グアンチャーレを5mm角程度の拍子木切りにカット
20100922091018[1]
↑スライスしたグアンチャーレ、まさに豚トントロの塩漬け。
この時点ですでにうまそうです。

20100922091134[1]

2)カットしたグアンチャーレをフライパンで表面がカリッとする程度に炒めます。
20100922091311[1]
↑こんなカンジです。

3)炒めたグアンチャーレに生クリームを少々。
  フツフツさせる程度に加熱したら火を止めます。
20100922091442[1]
↑こんなカンジです。
(生クリームはお好みで、コクと滑らかさが増しますが、入れなくても素朴で美味しく仕上ります。)

4)パスタを茹でるお湯を沸かしながら、チーズを削ります。
  使うチーズは必ず、「ペコリーノ・ロマーノ」であること!
  ここはポイントなので、絶対外さないように!!
20100922091834[1]
↑80g削るとこんなカンジ

5)4)に黒胡椒を好みの挽き加減で加えます。
  やや粗挽きにするのがオススメ。
  コショウは挽き立ての味が一番です。
20100922092005[1]
20100922092113[1]
↑今回は見た目にこのくらい入れています。
20100922092154[1]
↑ざっくり混ぜるとこんなカンジ

6)5)に卵を割りいれます。
20100922092306[1]
混ぜてペーストにします(ここがポイント)。
20100922092347[1]
↑黄金のカルボナーラソース

7)パスタを茹で上げたら3)のフライパンに移し、
  6)のペーストを合わせて手早く混ぜ合わせます。
20100922092624[1]
20100922092623[1]
20100922092622[1]
※ここで加熱する場合は火加減に注意して、

 手早く混ぜること!!

 卵(特に卵白)は火が入りやすいので、
 もたもたしていると炒り卵パスタになってしまいます。

8)器に盛って完成!!
20100922092901[1]
↑フライパンに残ったソースやボウルに残ったペーストもかけてしまいましょう。
20100922092859[1]
20100922092858[1]

↑いろんな器で撮影。

■アドバイス

材料には必ずグアンチャーレとペコリーノ・ロマーノを使うこと!!グアンチャーレはパンチェッタでも代用できますが、ローマ風を目指すなら是非グアンチャーレで!!

グアンチャーレとペコリーノ・ロマーノの塩分で味が調いますので、パスタの茹で汁以外には絶対塩を加えないように!!

先にペーストを作っておくのがポイントです。

ペーストを混ぜるときは手早くしないと卵が固まってしまうので要注意!!

ここでは全卵を使いましたが、全卵を卵黄2個分に変えたりするとより濃厚な味わいが楽しめます。

お好みで自分流レシピを作れるのがカルボナーラの醍醐味。

お店で食べるよりはるかに美味しいよ!!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
48:すげえ!! by しゅうくんとやっくんのおかあさん on 2012/04/12 at 15:07:02

お招きされて来てみたら、なんとなんとおいしそうな!
本格的に料理していらっしゃるんですね。
すばらしい!

カルボナーラ大好きです。
作ってみたいところですが、うちは田舎なので
肝心のグアンチャーレとペコリーノ・ロマーノが手に入りません~。

62:Re: すげえ!! by Ken01 on 2012/04/13 at 02:11:31

しゅうくんとやっくんのおかあさん、

ようこそお出で下さいました。

> お招きされて来てみたら、なんとなんとおいしそうな!

すみません。せっかくvoceさんのHNなのに
ブログ上で「おかあさん」さんの名前で書いてしまいました。

> 本格的に料理していらっしゃるんですね。
> すばらしい!

転職前はこういうのが仕事だったんです。
(コックではないのですが)

> 肝心のグアンチャーレとペコリーノ・ロマーノが手に入りません~。

パンチェッタはそれなりに出回るようになりましたが
グアンチャーレはまだまだレアな素材ですよね。
個人的にペコリーノ・ロマーノは必須のアイテムです。
ちなみに?うちの妹も岡崎在住です。

67:漢の料理。 by きりく on 2012/04/13 at 21:43:00

こだわるなぁ・・・ (´A`)
美味しそうだけど、岡崎市よりも更に田舎の米子市ならきっと食材が入手出来まい。
(通販するくらいなら上手いパスタ屋に食べに行く派)

といりあえず今は『グアンチャーレ』と『ペコリーノ・ロマーノ』の名前を頭に焼き付けて、いつか出会えたら買ってみようっと。


料理出来る(しかも上手に)男の人ってステキ。
テフロン加工のフライパンをも焦がすウチの旦那に是非爪の垢を(ry

68: by しゅうくんとやっくんのおかあさん on 2012/04/14 at 06:18:21

>せっかくvoceさんのHNなのに

どっちでもいいですよ。
こだわりません(*^_^*)

>うちの妹も岡崎在住です。

それは驚き!
世の中狭いですねぇ。

「グアンチャーレ」と「ペコリーノ・ロマーノ」が頭から離れません・・・。

72:Re: 漢の料理。 by Ken01 on 2012/04/14 at 11:37:39

きりく氏、

> こだわるなぁ・・・ (´A`)
> 美味しそうだけど、岡崎市よりも更に田舎の米子市ならきっと食材が入手出来まい。
> (通販するくらいなら上手いパスタ屋に食べに行く派)

確かにこだわりですね。
でも全然味が違うんです。別物ですよ。
とは言っても、どちらも広く日本の家庭に普及していく食材ではないでしょうね。
ちなみにあたしはパスタ料理は原価が見えやすいので滅多にお店では食べません。
(自分が食べたいものがお店に無いことも多くて)

73:Re: タイトルなし by Ken01 on 2012/04/14 at 11:41:15

しゅうくんとやっくんのおかあさんさん、

> どっちでもいいですよ。
> こだわりません(*^_^*)

ブログを立ち上げるのにあたしもはじめは違うHNを考えていました。
始めること自体は一年ほど前から考えていたので、
これまでのLaQ芸術祭「Ken01」とは異なるキャラクターを作ろうかと思っていましたが、
この一年でいろんなところに「Ken01」の名前で出入りしすぎたので
今更変えるとややこしいと思い、そのまま継続することにしました。

そもそもLaQ芸術祭投稿用に適当につけたHNだったので、
ここまでひっぱることになるとは思いませんでした。
名前ってコワイものですね。

> 「グアンチャーレ」と「ペコリーノ・ロマーノ」が頭から離れません・・・。

実はウチでもグアンチャーレはベーコンやパンチェッタで代用しておりますが、
基本的にペコリーノ・ロマーノは必須アイテムなので切らさないように在庫しております。
パルミジャーノよりも塩味や風味が強いので、
調味料としても重宝しております。

77:本格的ですね! by おりおりパパ on 2012/04/14 at 22:01:42 (コメント編集)

うわぁ~めっちゃ美味しそう!
てか、普通にお店に出しても問題ないレベルですね。
すごいなぁ~「料理が出来る男」なんかじゃなく、
『本格的な料理が出来る男』ってのがステキだ!

82:Re: 本格的ですね! by Ken01 on 2012/04/15 at 00:46:24

おりおりパパさん、

> うわぁ~めっちゃ美味しそう!
> てか、普通にお店に出しても問題ないレベルですね。

すみません。これは本当にお店で出していました。
10年以上前からこのレシピです。

▼このエントリーにコメントを残す