プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

Sacred Hill Shiraz Cabernet 2009

セイクレッドヒルには傑出した味わいの良さのようなものを特に感じませんが、
ほど良く力強く、味わいのバランスがとても良いため、
数年にわたってテーブルワインの定番として定着した印象があります。

東小金井の大丸ピーコックで買いましたが、
2010年ヴィンテージの籠の中に一本だけ2009年が入っていたのが気になって買いました。
ヴィンテージが一年違いのテーブルワインが混ざっていたところから、
この一年間どういう扱いになっていたのだろうかという変な興味があって、
敢えて2009年を買ってみました。
この一年間、買い手がつかず、
仮にどっかで放置されていたものとしても、
もともとの力強さが多少柔らかくなって飲みやすいかもという算段。
もしくはどの程度劣化するのものなのかという興味もありましたが、
それなりにおいしくいただけました。

東小金井の大丸ピーコックにて、1,350円。

IMG_7937bl.jpg

■Sacred Hill Shiraz Cabernet 2009 / De Bortili
 セイクレッド・ヒル シラーズ・カベルネ 2009 / デ・ボルトリ

ブドウ品種:シラーズ(シラー)、カベルネ・ソーヴィニオン
Alc.13.5%
原産国:オーストラリア

<外観・色調>
 ガーネットに近い小豆色で中心部は黒みがかっている。
 冷えたコーヒーのようにやや曇った印象。
 中程度に味わいの濃い印象を与える。

<香>
 グラスを傾けただけでプラムやダークチェリーのような香がこぼれる。
 カサブランカやベリーソースのような香もあり、
 バジルやミントのような清涼感もある。
 空気になじませるとイチゴジャムやクレーム・ド・ミュールのような香もある。

<味わい>
 プラムや赤いベリー系の果実味。
 濃厚な香の印象の割に味わいは軽やかでフレッシュ。
 酸がしっかりとしているが余韻が短く(3秒程度)、渋みはこなれて柔らかい印象。

<料理との相性他>
 ハヤシライス、ハンバーグなどデミグラス系の洋食。

結局、それなりに美味しくいただけましたが、
本来のポテンシャルのピークは過ぎたかな?という印象も受けました。
どちらかというと個人的に若いワインが好きなので、
次回からは迷わず若いヴィンテージを買うと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す