プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

2013年04月のエントリー一覧

  • サンリオピューロランドへ行ってきました。

    家内の仕事の関係でサンリオピューロランドの招待チケットをいただいていたので行ってきました。中はこんなカンジ。お嬢はカメラを向けると変なポーズしかしません。正直言うとあまり興味が無く(キティとかサンリオキャラに)、「せっかくチケットもらったし有効期限までに行っとくか。」的なノリで特に期待もせず行ってきました。案の定、大してアトラクションも無いなぁ、、、なんて思ってたら、、、階段を下りたその先に、、、...

  • 伊丹市昆虫館クモ展モデルディスプレイ

    これまでモチーフ別に小出しにしてきた伊丹市昆虫館クモ展用ディスプレイモデル。実際の展示モデルの全貌はこちらズギャァァァァンそれぞれの生態を踏まえてひとつのディスプレイとしてまとめました。▼ハエを捉えるハエトリグモ▼ジョロウグモの巣に寄生するシロカネイソウロウグモ▼白骨化したウシの頭部に潜むタランチュラ▼アリに擬態しているアリグモこれってまんまなんじゃ。。。▼葉の上で獲物を待つワカバグモジョロウグモの巣...

  • ワカバグモ

    伊丹市昆虫館クモ展最後のクモモデルは擬態クモ第二弾となる「ワカバグモ」。ワカバグモはカニグモ科のクモです。網を張らない徘徊性のクモで、クモ展用のクモモデルのうち、ジョロウグモ以外は全て網を張らない徘徊性ということになります。カニグモ科のクモの体(外見上)の特徴は前二対の肢が長く発達しており、左右に張り出した姿がカニを思わせること、前三対の肢が前を向き、後一対のみが後を向いており、第三肢が特に短いこ...

  • アリグモ

    アリグモはハエトリグモの仲間ですが、ハエトリグモのプロポーションをかなり犠牲にして、限りなくアリに近いフォルムです。クモなのでもちろん肢の数は8本ですが、持ち上げた第1肢は蟻の触角を真似ており、6本肢に見えます。遠目に見るとアリにしか見えません。あまりにアリに似ていることから、擬態しているものと考えられていますが、その目的については諸説あるようです。かつては「アリを捕食するため」の攻撃的擬態という説...

  • タランチュラ(チリアンフレーム)

    昆虫館から出された3つのお題のうち、最後のモチーフは「タランチュラ」。なんとなく納得な選択と思いきや、これがなかなかの難問。調べてみると世の中に「これがタランチュラです。」というクモが存在しないのです。タランチュラとは、そもそもヨーロッパの伝説に登場する毒グモだそうで、噛まれるとタランティズムという病を発症するだとか、その毒を抜くためにはタランテラという踊りを踊りつづけなければならないだとか、なん...

  • ジョロウグモとシロカネイソウロウグモ

    クモ展用に作成したモデルのモチーフについては、伊丹市昆虫館さんより、メジャーどころ3種を予めご指定いただいておりました。そのうちのひとつがこのジョロウグモ。ドハデでおどろおどろしい配色とフォルムにはいかにもクモらしい風格があり、今回のクモモデルの中では唯一、浅川さんの著書『LaQで作る365日』の中でも紹介されています。「ハマリモチーフ」とでも言うべきか、ハエトリグモのときに比べて制作時間は圧倒的に短く...

  • Jumping Spider(ハエトリグモ)

    ときどき聞かれる質問のひとつに、自分がこれまでに作ったLaQ作品の中で一番良くできたと思うものは何?というのがあります。人が受け取る印象と自分の評価にはズレがあるものですが、この「Jumping Spider(ハエトリグモ)」は、自分の中で「スゴク良くできた!」と思うもののひとつです。何気にこれまでのLaQ作品の中でも一番のお気に入りかもしれません。このモデルは、伊丹市昆虫館で行われた「クモ展」の展示モデル用として、...

  • COWRA SAKURA SHIRAZ 2010 / WINDOWRIE

    このワインは大阪にある株式会社ヴァイアンドカンパニーの輸入するワイン。ラベルに描かれたサクラには深いストーリーがあるのですが、ここでは割愛します。ご興味ある方はコチラをどうぞ。同社は1995年にオーストラリアワインの輸入を開始。今から15年ほど前に神戸でお店を任されたときに、20種ほどのワインリストを持ってお店を訪ねてきてくれたのを今でも覚えています。このワインを見つけた時は、もちろん美しい桜のエチケット...

  • Coldstream Hills Pinot Noir 2010

    数年前、某ソムリエ漫画にて紹介され、オーストラリアのロマネ・コンティと絶賛されたワイン(リザーブ)のスタンダード・キュヴェ。東小金井の大丸ピーコックにて、2,980円。■Coldstream Hills Pinot Noir 2010 コールドストリーム・ヒルズ ピノ・ノワール 2010ブドウ品種:ピノ・ノワールAlc.13.5%原産国:オーストラリア<外観・色調> ややオレンジがかった明るいガーネット色 中央部はやや黒みがかる 清澄度・輝き良好...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫