FC2ブログ

 ・一年越し ・スリジエの花ふたたび ・やられたら倍返し!! ・モルフェウスの領域 (角川文庫)/海堂尊 ・スリジエセンター1991/海堂尊

プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

カテゴリ:のエントリー一覧

  • 一年越し

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2014/01/26

    『ケルベロスの肖像』/海堂 尊この本を買ったのは一昨年の暮れ。この後に出版された『スリジエセンター1991』が待ち切れず、これより先に読んでしまったのにも関わらず、それから一年、『スリジエ』の呪縛にかかり、先に進むことができずにいましたが、昨年末にようやくここまで辿りつくことができました。『スリジエ』の後、改めて『アリアドネ』に戻り、少し迷ってもう一度、今最もタイムリーな『螺鈿迷宮』から『ケルベロス』...

  • スリジエの花ふたたび

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2013/11/27

    『スリジエセンター1991』/『ブレイズメス1990』『スリジエ』を紹介したのは今年の1月。ブログ上で初めて読書レビューを書きました。『スリジエ』はその前の10月に初版が発行された単行本ですが、『ブレイズメス』はさらに半年遡った5月に初版が発行された文庫本です。海堂作品の中では、どちらも僕のお気に入りです。ですが、今年のはじめにも書いたとおり、『スリジエ』を読んでしまった直後で中身について咀嚼しきれずにおり、...

  • やられたら倍返し!!

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2013/08/25

    『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』言わずと知れた半沢直樹シリーズ三部作。現在放送中のTBS日曜劇場『半沢直樹』のドラマ原作。TVドラマとなっているのは、文庫版となっている前の二作品がベースでこの二冊分の内容をまとめてドラマオリジナルにアレンジされています。『オレたちバブル入行組』(以下『バブル入行組』)が、支店長浅野匡と西大阪スチール社長 東田満の登場するドラマ前...

  • モルフェウスの領域 (角川文庫)/海堂尊

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2013/07/31

    モルフェウスの領域 (角川文庫)/海堂尊を読みました。作品自体の存在は以前から知りつつも、なかなか手に取る機会がなかったのでなおざりにしていましたが、3月に『ジーン・ワルツ』のB面作品とでも言うべき『マドンナ・ヴェルデ』が文庫化。以前から興味があった作品だっただけに読んでみたら、これがA面の『ジーン・ワルツ』よりも面白い!その勢いから『マドンナ』の読後に『ジーン・ワルツ』を読み返していると、6月に本書が...

  • スリジエセンター1991/海堂尊

    - コメント(4) - トラックバック(1) - 2013/01/04

    スリジエセンター1991/海堂尊 を読みました。おりパパの影響を受けて、昨年はすっかり海堂作品にはまっておりました。生涯のうちでもこんなに読書をしたのは初めて。この作品は現時点での海堂作品の終着駅の一つといっても良いでしょう。少なくともあたしにとってはそういう作品でした。ということでおりパパに倣って初の読書レビューです。以下、wikiからの引用 ____________『スリジエセンター1991』は、2012年に...

≪前のページ≪   3ページ/3ページ   ≫次のページ≫