プロフィール

Ken01

Author:Ken01
家族:あきっぺ(奥さん)
   コウコウ(息子)
   あんち(お嬢)
   モモ(イタリアン・グレーハウンド)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

フェニックス作り方解説

こちらもお待たせ!
順番が前後しますがヒッポグリフに続いてフェニックス作り方解説です。

Phoenix001.jpg

■頭部
Phoenix_reso_001.jpg
Phoenix_reso_002.jpg
Phoenix_reso_003.jpg
Phoenix_reso_004.jpg
Phoenix_reso_005.jpg
Phoenix_reso_006.jpg

Phoenix_reso_007.jpg

▼頸部
Phoenix_reso_008.jpg
Phoenix_reso_009.jpg

▼頸の後ろ側から三角を詰める
Phoenix_reso_010.jpg
Phoenix_reso_011.jpg

▼詰め込んだ三角に飾り羽を植え付ける
Phoenix_reso_012.jpg
Phoenix_reso_013.jpg
Phoenix_reso_014.jpg

■胸部
Phoenix_reso_015.jpg
Phoenix_reso_016.jpg
Phoenix_reso_017.jpg

■脚部
Phoenix_reso_021.jpg
※左右対称に一組作ります。
Phoenix_reso_022.jpg

▼鶏モモ
Phoenix_reso_023.jpg
Phoenix_reso_024.jpg

▼股間の接続パーツ(表・裏)
Phoenix_reso_025.jpg

Phoenix_reso_026.jpg
Phoenix_reso_027.jpg

Phoenix_reso_028.jpg

■胴体
Phoenix_reso_031.jpg
Phoenix_reso_032.jpg

▼脚部との接続
Phoenix_reso_033.jpg
Phoenix_reso_034.jpg

▼腹側パーツ▽△▽で挟んで留める
Phoenix_reso_035.jpg
Phoenix_reso_036.jpg

■尾羽
▼尾羽中央羽(緑▼部分:ジョイントNo.5)
Phoenix_reso_041.jpg

▼中央羽の左右飾り(左右対称に一組作る)
Phoenix_reso_042.jpg
※左右からNo.7(上写真の緑▼箇所)で接続
Phoenix_reso_043.jpg
Phoenix_reso_044.jpg
Phoenix_reso_045.jpg

▼尾羽左右羽(左右対称に一組作る)※緑▼箇所:No.5
Phoenix_reso_046.jpg

▼緑〇箇所:No.7
Phoenix_reso_047.jpg

Phoenix_reso_048.jpg

■翼(左右対称に一組作る)
Phoenix_reso_051.jpg
▼以下、クリックで拡大
Phoenix_reso_052.jpg

Phoenix_reso_053.jpg

Phoenix_reso_054.jpg

Phoenix_reso_055.jpg

Phoenix_reso_056.jpg

Phoenix_reso_057.jpg

■尾羽の接続
Phoenix_reso_061.jpg
Phoenix_reso_062.jpg

■背中
Phoenix_reso_063.jpg

▼胴体に接続
Phoenix_reso_064.jpg

▼挿し込む
Phoenix_reso_065.jpg

▼胴体に接続
Phoenix_reso_066.jpg

▼こんな感じ
Phoenix_reso_067.jpg

▼胸部接続
Phoenix_reso_068.jpg
Phoenix_reso_069.jpg
Phoenix_reso_070.jpg
▼腹側と頸の後ろで接続
Phoenix_reso_071.jpg

Phoenix_reso_072.jpg
Phoenix_reso_073.jpg

■翼の接続:頸部のNo.5に接続
Phoenix_reso_074.jpg
Phoenix_reso_075.jpg
Phoenix_reso_076.jpg

【完成】
Phoenix002.jpg
Phoenix003.jpg
スポンサーサイト

LaQ一代男さんのサイトリンクを追加しました。

「LaQ一代男」さんの作品サイトをリンクに追加しました!

2年ほど前から彗星のごとく現れた大物ルーキー
ツイッターではYASUさん、お父さんさん、しんじさんなど、
名だたるLaQ巨匠ビルダーのトリビュート作品も紹介されています。

LaQ-ichidaiotoko.jpg

▼かずたかパパさんの空母ゲームも見事に再現!
laq_ichidaiotoko170612.jpg

ものすごいスピードで名作テクニックを吸収し続ける
超進化型ビルダー。注目です!!

ヒッポグリフ2作り方解説

長らくお待たせしてすみません。
ヒッポグリフ作り方解説です。

殿堂にも書いた通り、作り方リクエストいただきましたが、
作品の出来にはあまり納得できておりませんでした。
せっかくの機会ですので、リファイン後のVersion 2.0でお届けします。

Hippogriff2_001.jpg
Hippogriff2_004.jpg
Hippogriff2_010.jpg
Hippogriff2_014.jpg

■頭部
Hippogriff2_reso_000.jpg

▼コア部分
Hippogriff2_reso_001.jpg
なんかこういう生き物みたいw

Hippogriff2_reso_007.jpg
Hippogriff2_reso_006.jpg

Hippogriff2_reso_004.jpg
Hippogriff2_reso_005.jpg

Hippogriff2_reso_003.jpg

Hippogriff2_reso_002.jpg

■胴体
Hippogriff2_reso_008.jpg
Hippogriff2_reso_009.jpg
Hippogriff2_reso_010.jpg

▼頭部の接続
Hippogriff2_reso_011.jpg
Hippogriff2_reso_012.jpg

■後ろ脚
Hippogriff2_reso_013.jpg
Hippogriff2_reso_014.jpg
Hippogriff2_reso_015.jpg
Hippogriff2_reso_016.jpg

■尾
Hippogriff2_reso_017.jpg

▼後ろ脚の取り付け
Hippogriff2_reso_018.jpg

▼尾の取り付け
Hippogriff2_reso_019.jpg

■翼
Hippogriff2_reso_020.jpg
Hippogriff2_reso_021.jpg

▼翼の取り付け
Hippogriff2_reso_022.jpg

Hippogriff2_reso_023.jpg

■前脚
Hippogriff2_reso_024.jpg
写真は左前脚(左右対称に一組作る)
Hippogriff2_reso_025.jpg
Hippogriff2_reso_026.jpg
Hippogriff2_reso_027.jpg
Hippogriff2_reso_028.jpg
Hippogriff2_reso_029.jpg
Hippogriff2_reso_030.jpg

▼左右一組を繋げる
Hippogriff2_reso_031.jpg
Hippogriff2_reso_032.jpg
Hippogriff2_reso_033.jpg

▼胴体への取り付け
Hippogriff2_reso_034.jpg
Hippogriff2_reso_035.jpg
Hippogriff2_reso_036.jpg

■胸部(胸毛)
Hippogriff2_reso_037.jpg

▼胸毛を生やす
Hippogriff2_reso_038.jpg
Hippogriff2_reso_039.jpg
Hippogriff2_reso_040.jpg
Hippogriff2_reso_041.jpg

【完成!!】
Hippogriff2_005.jpg

ヨーロッパ紀行2017May - ギリシャ編 Part V -

ギリシャ商談会三日目は会場をアテネに移動。

アテネの宿泊先ELECTRA METROPOLIS HOTELは地元ギリシャ人が絶賛する五ツ星!
2017Greece04_001.jpg

朝食会場が最上階(8F=日本の9F)のレストランフロアになっており、
2017Greece04_004.jpg

そこからパルテノン神殿を一望できるゴージャスなロケーション!!
2017Greece04_002.jpg

夜になるとライトアップまで!!!
2017Greece04_003.jpg

▼ホテルの周りや商談会場周辺にも遺跡だらけ
2017Greece04_005.jpg
2017Greece04_006.jpg

現地の取引先の代表があまりにもこのホテルのレストランを絶賛するので、
本当に最後の最後、帰国日のランチに思い切って食事してみました。

▼テーブルについてみるとなるほど、、、
 なんだ、やっぱオリーブオイル置いてもらってたのねw
2017Greece05_001.jpg

そんなことはさておき、

一皿目、スーパーフードサラダ
2017Greece05_002.jpg
アボカド、キュウリ、春玉ねぎ、黒目豆、黒目豆のスプラウト(もやし)
@14ユーロ(約1,750円)

黒目豆はアフリカ原産のささげの一種。
中東やインド、アメリカや中南米などでも栽培されており、
インドでは「ロビア」、アメリカでは「ブラック・アイド・ピーズ」と呼ばれている。
タンパク質が大豆に次いで、食物繊維はいんげん豆に次いで、亜鉛もレンズ豆に次いで豊富。
種皮はクリーム色や白で、へその周りに黒い模様が付いているのが特徴。

二皿目、ギリシャ製コールドカットミートの盛り合わせ
2017Greece05_003.jpg
@19ユーロ(約2,375円)

ギリシャの肉製品関連にはあまり情報がありませんが、
Nouboulo from Corfuというワイン漬けしてスモークした
ロースハムのようなもののほかに、
エヴリタニアの生ハムとビーフパストラミの盛り合わせ
日本では一般的にパストラミというと
ブラックペッパーを表面にまぶしたサラミのようなものを指しますが、
ギリシャでは下の写真のようにボディバッグのような形状の
ワックスコーティングされた牛肉ハム
これが結構おいしい!

2017Greece05_007.jpg

三皿目、ロブスターのオルゾー ヴェルヴェンヌ風 クレタ島のグリュイエール
2017Greece05_004.jpg
@36ユーロ(約4,500円)

「orzo(オルゾー)」というのは米粒状のパスタのこと。
リゾットのように見えますが、米ではなくてパスタです。
ギリシャに来てみると今回の出張だけでオルゾーを2度食べる機会があり、
リゾットと並んでよくメニューに載っていました。

四皿目、鯛のポワレ ウイキョウのクリーム オランデーズソース
イカスミのマヨネーズとドフィノワ添え
2017Greece05_005.jpg
@29ユーロ(約3,625円)
ウイキョウとはフェンネルのこと
オランデーズソースはフランス料理で代表的なソースの一つで、
卵黄にバターとレモンを足して乳化させたもの。
ドフィノワ=ジャガイモのグラタン

デザートは「ギリシャ風ヨーグルトパンナコッタ
    ヨーグルトのシャーベットとサマーベリーサラダ添え」
2017Greece05_006.jpg
@11ユーロ(約1,375円)

食後の飲み物はギリシャでよく見かけた
アイスカプチーノ

これにマラグジアブドウ100%のギリシャワインを付けて
二人で税込み150.5ユーロ(18,800円ほど!!)

ギリシャは消費税がナント24%もあって、
基本的な生活食材以外のお買い物、外食には全て適用されます。
表示価格は税込み表示なので、支払い時に課金されることはありません。

ヨーロッパ紀行2017May - ギリシャ編 Part IV -

テッサロニキ商談会2日目の午後は夕方の移動までフリーだったので市場を見学

2017Greece02_011.jpg

キュウリが真っ直ぐで長い!

▼市場の景色あれこれ
2017Greece02_012.jpg



その一角に、


木箱いっぱいの、、


2017Greece02_013.jpg
2017Greece02_014.jpg

エスカルゴ!!

日本ではなかなかお目にかかれない光景。

▼ドルマ・ダッキア用のブドウの葉の塩漬け
2017Greece02_015.jpg

▼こちらがそのドルマ・ダッキア
2017Greece02_015b.jpg
2017Greece02_015c.jpg
ブドウの葉で米を包んで炊いたもの
レモンやオイル&ビネガーで味付けされているのが一般的。
缶詰で売られているものもある。

▼肉屋の店頭で看板のように飾られている豚の頭
2017Greece02_018.jpg
どこのお肉屋さんでもお決まりのように飾られていて、
だいたいどこの豚も舌を出している。

▼オリーブの販売はさすがに圧巻!!漬物屋さんみたい
2017Greece02_019.jpg
2017Greece02_020.jpg

ギリシャは「オリーブオイルの個人消費量が世界一」
なんだそうです。

▼フェタかと思ったらフェタっぽいチーズでどれもフェタじゃない。
2017Greece02_021.jpg
ギリシャでは山羊乳製チーズに特徴的な味わいが歓迎されており、
「ツァンティラ」と呼ばれるリネンでチーズを包んで乾燥熟成させ、
より山羊乳チーズっぽい味わいを強調したものが人気。
(一番右側の7ユーロ/kgがツァンティラ)

ヨーロッパ紀行2017May - ギリシャ編 Part III -

The 1st day 第3部 - 初日のディナー(商談会前夜祭)編 -

商談会前夜祭?が海岸沿いのオープンレストランで開かれました。
レストランのランチと比べて、こちらはクラッシックなギリシャらしい料理が基本。

▼ギリシャ特産のアニス系リキュール「ウーゾ(Ouzo)」
 初日から登場しているあたり、ギリシャを代表する?飲み物らしい。
2017Greece01_041.jpg
水で割ると白濁するクセのある甘い味が特徴で、
個人的にこの手のリキュールは大好物

▼「ザジキ」と呼ばれるソースはほとんど毎日の食卓に上がる
 ギリシャで最もポピュラーなソース
2017Greece01_042.jpg
水切りしたヨーグルトにキュウリ、ニンニク、塩、オリーブ・オイル、
コショウ、イノンド(=ディル)を加えて作る。
パンに塗ったり、料理のソースとして使われる。

▼グリークサラダ (Greek salad):ギリシャサラダ
2017Greece01_043.jpg
お店によって多少のアレンジやレシピの違いはあるものの、
ギリシャサラダといえば基本的に
トマト、キュウリ、ピーマン、赤たまねぎにフェタチーズとオリーブが入り
ドライオレガノとオリーブオイルで味付けされています。
ケイパーの芽や実、葉のピクルスが使われたり、
レモンやビネガーで酸味を加えるのが一般的。

▼ちなみにこちらは商談会初日の合間に出てきたグリークサラダ
 ドライブレッドを加えたアレンジ版
2017Greece01_050.jpg

▼ナスのサラダ
2017Greece01_044.jpg
ナスはギリシャでもよく食べられる。
日本の焼きナスのように焼いて皮を取った後、冷やし、
トマトやクスクス、スプラウト等に合わせる。
パセリをトッピングすることが多い。

▼ムール貝のリゾット
2017Greece01_045.jpg

▼ポンフリ(いわゆるフライド・ポテト)
2017Greece01_046.jpg

▼(おそらく)ヘチマまたはズッキーニのフリット
2017Greece01_047.jpg
一瞬、ズッキーニ?と思うのですが多分ヘチマ
ギリシャはあちこちでヘチマが売っていて、
ヘチマタワシまで売っている。

▼イカ(見たまま)
2017Greece01_048.jpg

▼魚
2017Greece01_049.jpg
魚の調理法はムニエル
オリーブオイルとレモンのソース

▼翌日訪れた市場でそれっぽい魚を発見!
2017Greece01_051.jpg

後半からやや雑になっててすみませんが、
ギリシャの方に「ギリシャ料理の特徴って何ですか?」と尋ねると、
多くの方に「ギリシャの料理は調理法よりも素材が美味しいかどうか」
みたいな回答が多くて、「それってギリシャ料理に関わらずなんじゃ…」

ヨーロッパ紀行2017May - ギリシャ編 Part II -

The 1st day 第2部

すでに一月ほど前の話になりつつありますが、
ギリシャ出張報告初日の第2部です。
(初日だけで第3部までありますw)

▼テッサロニキのホテル周辺でnuts factoryなるものを発見!
2017Greece01_021.jpg

ファクトリーの中はこんなのとか、
2017Greece01_022.jpg

こんなのとか、、
2017Greece01_023.jpg

こんなのとか、、
2017Greece01_024.jpg

こんなのとか、、、
2017Greece01_025.jpg

こんなのとか、、、、
2017Greece01_026.jpg

2017Greece01_027.jpg

着色&フレイバー添加系の商品がかなり目立つ。
特にドライフルーツは亜硫酸使用の砂糖漬け系がほとんど。

わさび味のナッツもあったのだけど、、、
2017Greece01_028.jpg

惜しい!!「ワシャビ(WASHABI)」になってる!
2017Greece01_029.jpg

▼ジェラート各種
2017Greece01_030.jpg

ピスタチオとマスティハ味を食べましたが、、
ギリシャのデザートは基本的に甘い!!

▼マスティハはギリシャ語だと「MAΣTIXA」
 英語で「MASTIHA」
2017Greece01_033.jpg

"マスティハは「マスティック・ガム(英語: mastic gum)」とも呼ばれているギリシャ・キオス島原産のウルシ科の低木マスティックの樹液を原料とした天然の食用のガム。古代ギリシャ時代から樹液を乾燥させて噛むと檜に似た香りがあり、健康にもよいと伝えられてきた食品。現地では「キリストの涙」とも呼ばれており、世界でキオス島でしか生産されないため、現在欧州の原産地名称保護制度(PDO)のもとで保護されている。ヒノキやマツヤニを思わせるハーバルな風味が特徴。現地ではジェラートやスプレッド系食品の風味付にも使われています。"

「Σ(シグマ)」の文字ってギリシャなんや。
宇宙大帝と関数以外でΣの文字使ってるの初めて見たわww
(この後、毎日のように見ることになりますが)

▼微妙なデザインのケーキたち
2017Greece01_031.jpg
2017Greece01_032.jpg

▼テッサロニキのデリカテッセン 牛のパストラミが美味しいが輸入不可
2017Greece01_034.jpg

まだまだつづく
≪前のページ≪   1ページ/69ページ   ≫次のページ≫